LIFE LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE LOGS

スマホアプリゲーム、pcsoft、Business、レビュー、ライフ、まとめ、ネットで稼ぐ他、役立つ情報を記録するLOG

インフレとデフレの違い、意味わかってる?バカな私が簡単に違いを説明するよ

インフレとデフレの意味と違い

てんぐうぅぅです!

皆さんは「インフレとデフレ」の意味をしっかりと理解していますか?

私はたま~にごっちゃになって意味を逆に捉えてしまったり、人に聞かれてもすぐに答えられなかったりします。同じように認識が曖昧な方っていませんか?

ですがそれでは大人として恥ずかしいんじゃないかと思い、改めてインフレとデフレに関して学びなおしました。せっかくなので簡単にご説明させていただきます。

インフレってなに?

「お金の価値」や「物の価値」というのは、世の中の変化に影響を受け日々変わっていきます。

例えばあなたがお昼にいつも500円(お金)の牛丼(物)を食べていたとします。

ですがお店が値上げして、今日から1000円支払わなければ食べられなくなりました。

いつもは500円で食べれたものが1000円ですから、500円分牛丼が高くなったのです。お金の価値が下がり、物の価値が上がったのがわかります。

このようにお金の価値が下がることを「インフレ」といいます。

デフレってなに?

値段が上がった牛丼でしたが、数か月後1000円から500円の価格に値下がりしました。

もともと1000円(お金)を支払わなければ食べられなかった牛丼(物)が、500円に値下がりすることで500円分安くなったのがわかります。

物が安くなったという事は、お金の価値が上がったという事です。

このようにお金の価値が上がることを「デフレ」といいます。

過度なインフレは危険

インフレとデフレ、どっちが得なのか?というとバランスが大切です。

たとえばインフレになることにより、1000円で牛丼が売れることで企業の利益が生まれて、みんなの給料が上がって消費が進むかもしれません。

ですがこのままインフレが進み、牛丼が2000円になるとどうでしょうか?

物の価値が上がり過ぎて、お金の価値が下がり過ぎています。

こうなると値段が高過ぎて手が届かない人も出てきますよね。そうなると食べたくても食べることができませんし、お金も世の中で回らなくなってしまい、会社や企業などが潰れてしまいます。

過度なデフレもまずい

デフレになることで、500円で牛丼が買えるようになりました。

物が安くなるということは、消費者が買い求めやすくなるので世の中の消費が多くなります。消費が多くなるということは企業の利益が生まれて、みんなの給料が上がるかもしれません。

ですがこのままデフレが進んで、牛丼が100円になるとどうでしょうか?

物の価値が下がり過ぎて、お金の価値が上がり過ぎています。

消費者にとっては一時的に嬉しいかもしれません。ですが、従業員の給料は減らされ、企業は赤字を生み出しやすくなり倒産へと繋がります。

日本はデフレスパイラルなんて言われてる

景気が悪くなって物が売れなくなり値下げ→企業の利益が減るのでお給料も減る→お給料が少ないから貯金して買い物を控える→景気が悪くなって(以下略)

上記のような状態をデフレスパイラルと呼びます。

日本は本当にそんな感じしますよね。

たま~に来店者様へ無料で○○をプレゼント!みたいなのをマクドナルドやら飲食店がやるじゃないですか?無料で呼び込んでまでお客さんを増やそうとしてるんですよね。

でも無料でもらう人って買い物していきますか?

結果的に従業員や会社の負担を増やしているだけな気がします。

そして老後資金のためにも貯金をする。

まさに負のスパイラル…!

まとめ

なんで例えが牛丼なんだよ!って思われた方すいません、いつもお店で牛丼を食べるかコンビニでパンを買って帰るか迷ったりするもので…(つд⊂)

インフレもデフレもバランスが大切ということですね、日本も景気が良くなって消費が増えていくといいのですが。

 
お金の価値が下がる=「インフレ」
お金の価値が上がる=「デフレ」
間違わないように気をつけよう♪

最後まで読んでくれてありがとね!

てんぐうぅぅううでした!