LIFE LOGS

スマホアプリゲーム、pcsoft、Business、レビュー、ライフ、まとめ、ネットで稼ぐ他、役立つ情報を記録するLOG

定時制デビューした童貞が可愛い女の子に七か月片思いして付き合った話と恋愛の真理を垣間見た

今週のお題「恋バナ」だそうです。あ、てんぐぅです。

最近電子書籍の作成の記事ばかりだったので、久しぶりに日記的なものを書いてみたいと思います。なんでも書けるのが雑記ブログの良いところですしおすし。

私の恋愛の記事とか誰が読むんだ…?長すぎて出来損ないのラノベタイトルみたいになってるし。そして久しぶりに過去を振り返ったわ…orz

19歳まで童貞・ぼっちの定時制デビュー

私は19歳まで童貞でした。

19歳まで童貞って言うと遅い方なのかな…?

家が貧乏だったので14歳で年をごまかしてバイト、16歳~では工場で働いてたので女性との出会いなんてまったくの皆無だったのです。バイト、仕事が終わってからの楽しみはギターを弾いたりキーボードをいじったりすること、あとは何となく筋トレしてたくらいで他は何もありません。(たまに図書館で本読んだりとか?)

職場は年上の人ばかりで完璧ぼっちでしたねw

まあ、学校は行った方が良いのかな~ってことで途中で定時制に通いだしました。

それまで同世代の人とあまり絡んだことがなかったので、最初はきょどっていましたが意外と楽しくやれました。きっかけは学校に置いてあったギターをいじくっていた時です。「ギター弾けるの?!教えてよ~」みたいな感じになって、非常にファンキーな金髪少年や暴走族の特攻隊長()と絡むようになったのです。まあ定時制はガラが悪いのは仕方ないですね。

もうこうなると芋ずる式に同種族と仲良くなっていきます。

とはいえもともと独りぼっちの引きこもりーですから、喧嘩とか悪いことは怖くてできません。(まぁ色んなことに巻き込まれたけど…)

ただそれまで全く遊んだことがない私にとっては、夜通しカラオケに行ったり公園でたむろしたりするだけでもとても楽しかったです。

なんていうかそんな中でおとなしそ~なダサい奴一人混ざってる違和感が凄かったと思います…w それでも周りに絡まれなかったのは、ギターを教えていた子が暴走族の特攻隊長だったからでしょうね。そして元総長まで紹介されて仲良くなったり…こうなるともう誰も変な絡み方はしてきません。

私も別に変に気を遣わず普通に友達として接してたので、周りから見たらそれも影響してたのかもしれませんね。タメ口で話してたし…。

楽器、筋トレ、芸は身を助けてくれた

始めは馴染めるか心配だったので、おとなしそうな子を集めて、給食を一緒に食べるグループを作ったりしてみました。ただそうしても定時制になじめずに途中で学校に来なくなる子が多かったです。

やべえ…ぼっち確定やな、そう思ってました。

でもギターを弾いたり、筋トレをしてたのをきっかけに「ギターを教えてくれ」「普段どういう風に身体鍛えてるの?」「腹筋割れてるとかすごくね?」など色んな子が絡んでくれるようになったわけですよ。

これって芸は身を助ける?ってやつですかね。もし楽器も弾けず、身体も今みたいにプニプニだったら友達が全然できなかったかもしれません。むしろ見た目からいじめられても全然おかしくないよ…?(震え声)

そう考えると何かができるって本当にプラスになるんだなぁと思いました。

好きな子ができて告白するもフラれるんご

さてそんな私に好きな子ができます。昼間の学校に通う、他校の女の子です。出会ったきっかけは友達の家に泊まりに行ったときに、好きな子も居たって感じです。

相手はまあモテるタイプで友達も多そうでしたw

だいぶ昔のことなのであまり覚えてないんですけど、そこで連絡先を交換したのを覚えています。それからはまぁ普通に友達って感じでした、相手には彼氏がいましたからね。

2か月後くらいでしょうか、買い物に行くのに誰も相手がいないから私が付き合うみたいな流れで、ふたりきりで少しだけ出かける機会がありました。

思ったよりも長く一緒に居て、ご飯食べて話して~…で相手を駅まで見送っていた時のことです。

このままだと相手が帰ってしまう…帰って欲しくないと思った私は「ちょっと話したいことが…」と彼女に言いました。

「うん?なに?」と彼女は私の方を向いて聞いてくるんですけど、緊張し過ぎて「いや、やっぱりいいや!」とキョドって駅を指さし「じゃあまた!」と私は帰ろうとします。というか話したいことなんてないし、何となく引き止めたかっただけ…

すると彼女は「え~?なになに!気になって帰れないじゃん!」と腕を引っ張って引き止めるのです。私は「本当に何でもないよ、ごめんごめんw」って感じでごまかそうとするんですけど「言え、早く言って~!」と腕を離してくれません。

「いや、実はずっと好きで…」

「ん?誰を?」

「いや、だから好きだった」

「へ?!私を??」

最初は緊張してましたが、なぜか勢いですんなりと通行人が腐るほどいる駅のど真ん中で告白してしまったのです(馬鹿)…っていうか渋谷だったんですけどねっ?! 

ある意味正気の沙汰ではございません(錯乱)

彼女は「そうだったんだ…( ゚д゚)」とポカーン状態。

「あっ!もう本当に帰らないとやばい!」彼女はそういうと駅の中に入り「ごめんね、またねー!」って感じで帰って行きました。

今度は私がやってもうた…( ゚д゚)とポカーンと呆けた後ふらふらと帰りました。

 

っていうかたんぱくでクッソ面白くない解説でごめんね…?w

美容師やアパレルで働いてる子に相談する

告白はしたものの、後日電話で「全く恋愛対象にならない」とハッキリ言われましたwバッサリww

その後も相変わらず良いお友達として仲良くしつつ、彼氏の愚痴を聞かされたりで切ない思いをしてた気がするなぁ…。

それから「どうしたら自分を好きになってもらえるのか?」を真剣に考えるようになりました。まずは見た目だなと思い、美容師やアパレルで働いている知人に相談したのです。

「イメチェンした方が良いよw」

「ハッキリ言ってダサいwイモww」

「髪型変えよう!服も!」

など周りも面白がって協力してくれました。

それまで私はいっさい洋服や美容室に金を掛けずに生きてきたので(大型スーパーで売ってる安売り服を着てるひどいレベル)自分自身、新鮮な感じでした。そして周りから見ても「劇的に変わったw」「別人ww」と言われるようになっていきます。

急にモテだす…見た目は大切だった…!

髪型、服装を変えてあとは以前と変わりません。

中身は何も変わってません。

中身は何も変わってません。

大事なことなので2回言いました。

普段なにやってるの?って聞かれて「楽器弾いたり、筋トレかな?」って言うと「へー、意外w」って返答だったのがイメチェンしてから言うと「えー、聞いてみたい!」「へー、すごーい!」とかね。あからさまやないか…!女の子ってやっぱり見た目重視するんだよな…なんか怖かったです。

でも私も彼女の事を可愛いと思って好きになったわけです、そう考えるとやっぱり恋愛って見た目は大切なのかもしれませんね(清潔感とかもそうだろうし)

休みの日は楽器、筋トレ、好きな子と電話でたまに話す(愚痴聞く)って感じだったんですけど、合コンするから来てくれとか誘われるようになりました。

でも私はまだ彼女のことが好きだったので、彼女からの電話や連絡を優先していました。イメチェンしてから「カッコ良くなったよねー」って言われるようになりましたが、彼女から言われたときが一番嬉しかったなぁ。

告白して七か月目、諦めて他の子と付き合おうとしたら…

あるときのこと、彼女の愚痴を電話で聞いていた時のことです。

彼女「もう彼とはだめかもしれない…」

私「そんなこと言わないで、好きなら頑張った方が良いよ(馬鹿)」

彼女「そんなこと言わないで~…」

私「え、なんで?(馬鹿)」

告白して七か月目、少なからず女性にモテるようになった私は彼女のことは諦めて他の子と付き合ってみようかなと思うようになっていました。

いつもの愚痴とは違うということに最初は気づけなかったのです(馬鹿)まあ恋愛経験皆無だから仕方ないよね。

彼女「…のことが好きになったから、もうダメなの」

私「( ゚д゚)…」

片思いして七か月目くらいだったかな?

全く恋愛対象にならないと言われてたので、彼女から告白されてびっくりしました。

私「もう少し遅かったら彼女作ってたかもw」

彼女「えー!それじゃ私の気持ちが…ww間に合って良かったw」

なんてやり取りを電話でしつつ、彼女と無事お付き合いすることになりました。

浮気したこと無かったけど浮気されまくってたワロタ

イメチェンしてから多分10人以上に告白されたかもしれないです。

恋愛に関しては私は奥手だし、モテるとかモテないは正直どうでもよくて、とにかくできるかぎり彼女との時間を優先していました。私にとっての恋人、恋愛対象は彼女という存在だけで良かったのです(キモッ)

でも付き合って数年~かな、彼女の浮気が判明します。

彼女のことを信じてたっていう気持ちがあった分、この日をきっかけに少しずつ冷めていくようになります。許すと彼女に言ったんですけど、許せてない自分が居たんですね。

まぁ人間ちっちゃいのかなー自分…

なーんて思ったりもしたんですけど、一つの事実が判明するとわかってくることってあるじゃないですか?

元カレの家に泊まってからこっちに会いに来てたりとか、男と二人きりで朝まで出かけてたとか…鈍感だと後で気付くんですよね…...

あぁもう浮気されまくってたんやワロタww 

ワロタ…

20代後半30代入ると相手にされなくなる/(^o^)\オワタ

少なからずモテた、モテていたはず…だったんですけど、悲しいかなピークは20歳~程度。良く考えてみると転職しまくってたのも彼女からしたら不満の一つだったのかもしれない。

そのまま自分の魅力がないまま、20代後半、30代に入ると告白なんてされることはありません()最初の彼女と別れてからは長いこと新しい恋人は作れませんでしたね。こんなことならたくさん付き合っておけば良かった。

一途だから良いとは言い切れない複雑な心境…。

まあ浮気されないくらい魅力的な人間になれなかったってことかな(つд⊂)

終わりに

恋愛ってやっぱり10代のころは見た目とか憧れが優先されるんですよね。20代、30代に入れば結婚や家庭を意識していきます。

10代=見た目重視&憧れ

20代=見た目大切&将来性

30代=見た目少々&経済力、とかになるのかなぁ…?

で、いつまでも若い男気取りでいると周りから冷めた目で見られるね(震え声)

まぁこれは男性、女性ともにあるでしょう。

一般的に記事とかでは良く見るんだけど、実際に肌で体感した気がします。恋愛の真理と言ったら大げさだけど、何かを垣間見た気がしました…。

はーるーよー・・・とおーきーry

たいした恋バナじゃなくてアレですが、恋をしたかったら自分を磨いていくのが一番良さそうですね。どんな道を選んでも後悔するもんですけど、できるかぎり後悔しないように恋愛をしたいものです。

長くなったけど最後まで読んでくれてありがとねっ!

てんぐうぅぅぅでした!