LIFE LOGS

スマホアプリゲーム、pcsoft、Business、レビュー、ライフ、まとめ、ネットで稼ぐ他、役立つ情報を記録するLOG

忍者バリアーで不審なスパムアクセスをブロック制限!コピーパクリ対策として簡単なので使い方を説明する

不審なアクセスをブロックする忍者バリアーの紹介画像

LIFE LOGSの天狗宇(てんぐう)です。

ブログ運営をしている中で、不審なアクセスログを見かけたことはありませんか?

そのアクセスは『自動BOT』の可能性があります。

近年、ブログ記事のコピー、パクリが横行しており、ブロガーやサイト運営者の悩みの種になっていますよね。その原因の一つとして挙げられるのが『BOT』なんです。

今回はコピーやパクリ防止のために、不審なスパムアクセスをブロックする方法、忍者バリアーの使い方をご説明したいと思います。

事前にパクリ対策をしておきたいブロガー、サイト運営者の方は必見ですよ♪

①不審なアクセスに関しての解説
②ブロックした方が良いIPアクセス・ドメインの紹介
③忍者バリアーの使い方
以上の順番で、画像を交えてご説明していきたいと思います♪

不審なスパムアクセスとは?

不審なスパムアクセスの多くは『BOT』を利用した上で行われています。『BOT』とは一般的に自動プログラムのことを指します。

この記事で言うBOTは、自動プログラムでサイトやブログを巡回(クロール)させて、記事の情報を収集、そのままコピーサイトの方で使うという迷惑行為のことです。

滞在時間が短いのにも関わらず、複数のページに高速で移動を行っているIP、何度も同じ記事にアクセスを行っているIPは怪しんだ方が良いですね。

ブロックした方が良いIPアクセスドメイン

『ブロックした方が良いと言われても、どのIPが自動BOTによるスパムアクセスなのかわからない…』

そんな方のために、LIFE LOGSがブロックしているIPとドメインをご紹介したいと思います。設定を行う際の参考にしていただければ幸いです。

『amazonaws.com』のスパムアクセス

スパムアクセスのログ履歴

※画像はLIFE LOGSの『はてなカウンター』のもの

ネット上で報告にあがるのが『amazonaws.com』からのスパムアクセスです。当ブログLIFE LOGSにも不審なアクセス履歴が残っていました。

ドメインはアマゾンのウェブサービスですが、クラウドサービスを利用して自動プログラムを組み込み、記事情報の収集に使われている可能性があります。

アクセスがあった際の動きが不審なこと、めったに訪問されない理由からブロックに踏み切りました。訪問させてもメリットがないので、後ほど説明する忍者バリアーを使ってアクセス制限をかけた方が良いです。

 

魚拓サービス『archive.is』からのアクセスをブロックする

Web上に魚拓サービスというものが存在します。

これはウェブページをキャッシュとして保存するサービスなのですが、主に無断で行われているため、ブログ運営者側はあまり良い気持ちはしないと思います。

『魚拓に登録されるのがなんとなく嫌だな~』という方は、忍者バリアーでarchive.isからの自動BOTアクセスをブロックしましょう。

ただし、主に海外からのアクセスのため、判別し難く簡単に見分けることができません。archive.isのIPアドレス情報は下記サイト『REIMA's Blog』様が非常に参考になります。 

blog.wolfs.jp

最新の情報が更新されているので、気になる方はご覧になって見てください。次は実際に忍者バリアーを使って『ブロックしたいIPアドレス・ドメイン』の設定を行ってみましょう。

 

忍者バリアーの使い方説明・アクセス制限を行う方法

www.ninja.co.jp

忍者バリアーは難しいことがわからない初心者の方でも、簡単に設置可能で『アクセス制限・拒否』の設定を行うことができます。

まずは公式サイトから忍者ツールズに登録、ログイン後に『忍者バリアーの作成』を行ってください。

忍者バリアーの検索条件の設定画面

次に制限の条件を決めます。

今回は良くわからなくても使うことができる『初心者モード』を利用します。クリックしてアクセス制限の設定を実際に行いましょう。

 

ホスト名で制御する

制御条件の設定画面

制限条件の設定画面に

  • 拒否された理由を表示
  • サイト属性
  • 拒否レベル

3種類ありますが、ここでは理由を表示『しない』を選択、『一般』、拒否レベルは最大の『5』に設定して『新しい条件追加』をクリックして進みます。

 

制御方法を選ぶ画面

まずは『amazonaws.com』からのアクセスを制限したいので、2番目の『ホスト名で制御する』をクリック。

 

ホスト、ドメインの入力方法

ホスト、ドメイン名を入力する項目が表示されるので、ここに『amazonaws.com』を入力して、画面下にある『設定へ反映』を押してください。

『設定が変更されました』と表示された後、画面の読込を数秒間ほど待ちます。

 

ホスト名反映後の設定画像

無事反映されていれば『条件表示一覧』に保存されているはずです。これで『amazonaws.com』からのアクセスを制限する設定ができましたね。

 

IPアドレスで制御する

IPアドレスの入力例

続いては好みになりますが、Web魚拓サービスからのアクセスをブロックしたいと思います。先ほどの『制限条件の設定』から『IPアドレスで制御する』を選択して進みます。

するとIPアドレスの入力枠が表示されるので、制限したいIPの数字を入力してください。※画像は『archive.is』と思われるIPアドレスです。

入力が終わったら『設定へ反映』を押すだけで完了!

 

IP設定後の条件表示一覧

これで『archive.is』 と『amazonaws.com』からのアクセスに制限をかけることができました。もちろん他のIPアドレス、ホスト名を追加することも可能ですよ。

 

リファラーで制御する

リファラーアドレスの入力例

『リファラー制御』は特定のサイトから来ている人たちをブロックしたい際に使う機能です。入力する際は『http://』を含めるのを忘れないようにしましょう。

使う機会は少ないかもしれませんが、覚えておくと良さそうな機能ですね。 

 

ユーザーエージェントで制御する

ユーザーエージェント制御の入力例

『ユーザーエージェント制御』はWebサイトにアクセスする際に使用する『Webブラウザ』の種類を指定してブロックすることができます。

これは一歩間違えると、通常の訪問者もブロックしてしまうので、悪質なアクセスがハッキリしている際に使用してください。

LIFE LOGSがメインに利用しているのは

  • IPアドレスの制御
  • ホスト名の制御

上記2種類のみです。必要なければ他2種類を無理に利用することはないですね。

 

アクセス制限されている人がWebサイト(ブログ)を見ると、どのように表示されるか

忍者バリアーでWebサイトやブログにアクセス制限されたユーザーは、訪問した際どのように表示されるのでしょうか? 実際にサンプルが用意されていました。

忍者バリアーでアクセス制限された際に表示される画像

画像は『拒否レベル1』 で表示される文章です。

指定した条件のユーザーは、画像のようにサイトにアクセスを行うことができなくなります。もちろんアクセスする手段は探せばありますが、自動BOT相手には有効な手段と言えます。

レベルは1~5まであるのですが、表示される文章が変更されるだけでした。何か見えない設定でもあるのかと思い、LIFE LOGSでは拒否レベルは『5』にしています。

拒否レベルが5の場合、表示される文章は「閲覧禁止!!」です。

 

Webサイト、ブログに制御用ソースのHTMLを挿入する

忍者バリアー制御用ソースの説明

設定が完了したら、次はサイトやブログに制御用ソースのHTMLを挿入します。『Menu→制御用ソース→JavaScriptが無効な場合の処理→許可or拒否』を選択。

今回は『許可』を選択の上コピーします。あとは設置したいURLに貼り付けるだけです。

はてなブログを例に説明すると『デザイン→カスタマイズ→サイドバー→HTMLを貼り付けて保存』の順になりますね。

HTMLをはてなブログのサイドバーに貼り付けた例

ブログランキングのHTML部分に足してみました。画像のように広告が小さく表示されますが、無料で利用できるのが良いところだと思います。

 

パクリ、コピーの事前対策は『イタチごっこ』でもやらないよりはマシ

実際にパクられないと気付くことができませんが、パクリやコピーの事前対策は本当に大切です。

一度コピーされてWeb上にアップロードされてしまうと、記事の重複によってこちら側が悪質なスパムサイトと認識されかねません。

そうなると次は『Googleに著作権侵害の申請』を行う必要がありますが、手間と時間がかかってしまうんですよね。

コピー、パクリ、ミラーサイトは数多くあります。キリがない『イタチごっこ』ですが、対策できるのであれば行っておくことをオススメします。 

忍者バリアーで不審なアクセスをブロックする方法のまとめ

今回はLIFE LOGSが行っている『忍者バリアーを利用したアクセスブロック方法』に関してご説明させていただきました。

忍者バリアーは利用無料、設定、設置も簡単で、手軽に対策を行うことができます。優れた機能を持ったツールなので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

ブログやWebサイトは大切な財産です。不審なアクセスがあったら対策を行ってください♪

最後まで読んでいただきありがとうございました♪ブログ運営に関する記事もおすすめですよ♪

関連記事

・ブログで稼ぐ方法とは?初心者が運営半年で月発生40万、確定3万円を超えたのでやり方と仕組みに関して説明する

・ブログで稼ぐために必要なアフィリエイトサービス(ASP)13社まとめ【保存版】おすすめもランキング形式で紹介

・ブログ初心者がグーグルアドセンス審査合格!受からない方へ運営記録と感じた事、コツを解説

・受かっても安心できない?アドセンス狩りが恐ろしい件と対策方法の説明