LIFE LOGS

スマホアプリゲーム、pcsoft、Business、レビュー、ライフ、まとめ、ネットで稼ぐ他、役立つ情報を記録するLOG

売れたら困る!沈黙のWebライティングをレビュー、ブロガーにとって有益過ぎておすすめの本

沈黙のWebライティングをレビュー

てんぐうぅです!

今回はブロガーさんや、記事作成に関わる方向けのものになります。

私は以前からブログで記事を書くにあたって「どうやってアクセスアップを狙うか?」「SEOを意識したライティングはどのように行えば良いのか?」がわからず悩んでいました。

そこで勉強のために、ネットで話題になっていた本「沈黙のWebライティングーWebマーケッターボーンの激闘ー」を購入しました。

「なんとなく難しそう」と思って敬遠してたんですが、読んでその良さがわかりました。もっと早く読んでおけば良かったと大後悔!手に取ってみるとわかるんですけど分厚い本です。

沈黙のWebライティング

圧倒的ヴォリューム(600ページ以上で本が立つ)とわかりやすさは、初心者から上級者まで読める内容と言えます。

下記に当てはまる方に特におすすめです。

  • ブログを始めようと思っていて参考になる本を探している
  • 良い記事がなかなか書けない
  • アクセスアップに必要なSEOが何かわからない
  • わかりやすい文章ってどう書くのか
  • 成果がでないんだけど、どう改善すれば良いか

読む前までは「成果が上がる文章の書き方がわかる!」って本当かぁ~?と思ってたんですけどマジですこれ。

早速本書のレビューと魅力を語っていきたいと思います!

ストーリー仕立てでスラスラ読めるのにSEOが学べる

流れとしては、Webマーケッターのボーンが集客の振るわない「みやび屋」を再興させていく物語です。

【あらすじ】
須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、
Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……! ?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

素人である彼らの質問に、ボーンが答えたり、指南する対話形式で進み、更にはポイント解説、章の最後にはヴェロニカ先生によるまとめや補足。スラスラ読めるのにも関わらず、さまざまな知識を身に着けることができます。

対話形式、ポイント解説、章の最後にまとめや補足

具体的なSEOの基礎、検索エンジンに評価される記事の書き方の指南、検索する人間の意図にあった情報を集めることの大切さなど、どれもこれも参考になるものばかり。

USP(他にはない独自の強み)とリライトの重要性

本書の中にUSPという言葉が出てくるのですが、このUSPは「他にはない独自の強み」のことを指します。

他にはない独自の魅力の大切さ、選ばれやすくなるようにする考えなども学べます。

一度作成した記事の見直し、リライトに関して「脳の負担を考えたライティング」を心がけるなど深い内容も含まれています。

わかりやすい文章を書くにあたって、リライト前の文章とリライト後の文章を比較するなど、 例文を実際に見れるのですごい…。

具体的なSEOの基礎、検索エンジンに評価される記事の書き方

SEOを軸としたコンテンツマーケティング、オウンドメディアの構成、インタビューのコツまで

SEOを軸としたコンテンツマーケティング、オウンドメディアに必要なSEO思考、インタビューを行う際の取材前に心がけること、当日の流れ、プロが行っているであろうテクニックが読めます。

更には具体的にバズを狙った記事の書き方まで…沈黙のWebライティングにはライティングに必要なものすべてが詰まっているのがわかりますね。

教科書のように情報量が多いにもかかわらずスラスラ読めるのは、内容がストーリー仕立てとなっていて解説が非常に丁寧だからといえます。 

笑いあり、涙ありのストーリー仕立て、こんな本初めて読みました。

そしてエピローグでは「Webマーケッターボーンのある秘密」が明かされます。

さすがにここでは言えないので、気になる方は本を買ってみてくださいね。

沈黙のWebライティングのまとめ

沈黙のWebライティングの7つのエピソードから、ライティングに必要なすべてを学ぶことができます。

ライティングの技術、SEOの知識というと難しく感じるかもしれませんが、沈黙のWebライティングにはそれらすべてが詰まっていると言っても過言ではありません。

正直なところ売れたらブログ書く人増えちゃうので、売れたら困るってくらいの素晴らしい良本でした。この先何度も読み直すと思います!

良さを語るとキリがないので、その目で確かめてくださいね♪最後まで読んでくれてありがとうございました、てんぐうぅでしたぁ!

こちらも読まれています

【お金の知識】が身に付くマネー本、勉強のために見るべきオススメ10選!