無料アクセス解析『ace-analyzer(エースアナライザー)』ツールの解説付き評価レビュー!他カウンターの代わりにもオススメ!

エースアナライザー解説記事のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

LIFE LOGSのてんぐうです。

今回は無料で使える高機能アクセス解析『ace-analyzer(エースアナライザー)』をご紹介したいと思います。

アクセス解析『エースアナライザー』は、グラフで表示されるので直感的で見やすく、初心者から上級者まで非常に使いやすくなっています。

基本無料なので広告が表示されますが、テキスト一行だけなのであまり邪魔にならないし気になりません。

下記に当てはまる方にオススメです。

  • Googleアナリティクスを見るのが面倒
  • 直感的で見やすいアクセス解析が欲しい
  • 一時的に必要な部分だけ手軽に見たい
  • 無料で広告が控えめなサービスを使いたい

Googleアナリティクスのチェックは別に行っている、無料ブログサービスのアクセス解析が使い難い、『はてなカウンター』のサービスが終了するので代わりを探している。

当てはまる方には一度見て欲しいアクセス解析ですね。

無料で簡単、手軽に設置できるうえに高性能なので、興味がある方はぜひご覧になって見てください♪

画像を豊富に使っていますので参考になると思いますよ。さっそく評価レビューを行っていきたいと思います♪

『ace-analyzer』の使い方を画像付きで徹底解説!まずは登録方法から

無料登録に申し込むボタン画像

まずはエースアナライザーの登録から行います。

メールアドレスの入力と、利用規約にチェックを入れて『無料登録に申し込む』をクリック。

エースアナライザーから届いたメール

登録に必要な認証コードと、登録フォームURLが記載されたメールが届くので、アドレスをチェックして確認を行ってください。

会員ログイン

あとはログイン画面に移動して、登録した『Eメールアドレス』と届いた『認証コード』を入力して申し込みボタンを押します。

個人情報の設定

登録に必要な情報は最低限のもので構いません。

  • ID
  • パスワード
  • 名前とフリガナ
  • サイト名とURL

入力が終わったら『申し込む』を押せば完了です。

登録はとても簡単ですね。終わった時点で解析タグが発行されているので、さっそく自分のWebサイトやブログに貼り付けましょう。

自分のブログにエースアナライザーの解析タグを貼り付ける

エースアナライザーの管理メニュー

画面を下にスクロールすると、右下の『管理メニュー』に『解析用タグ取得』の項目があります。これをクリックすると解析タグの表示が可能です。

アクセス解析タグ画像

クリックすると上記のようにタグが表示されますので、全てコピーしてHTMLソースを貼り付けてください。

はてなブログの管理画面の一部

私は『はてなブログ』サービスを利用しているのですが、順序は『ダッシュボード→デザイン→カスタマイズ→サイドバー→任意の箇所に貼り付け→変更を保存する』になります。

ここまでをまとめると

  • 登録はID、PASS、名前、アドレスの4点のみ
  • アカウントを作った時点で解析タグが出来ている
  • コピーして貼り付けるだけでアクセス解析が始まる

以上になります。まずはしっかりと登録を行いましょう。

貼り付けが終わったら設置は完了です。お疲れ様でした♪

これでエースアナライザーがアクセス解析を行ってくれます。次は解析画面を見てみましょう♪

エースアナライザー訪問者解析の見方

エースアナライザーログイン後の解析トップ画面

ログイン後の解析トップ画面から、各メニュー項目をチェックすることが可能です。思ったよりも細かく分かれていて、グラフ化されているので見やすいですね。

検索エンジンのクローラーがいつ何回訪れたかなども計測してくれています。

訪問者数の画像

解析トップ画面を下にスクロールすると、簡易的なヒット数、訪問者数、リンク数が表示されていますね。あとはオンラインユーザーの数を見れるところも良いです。

次は右側のメニューについてまとめてみました。

管理メニューのすべての項目画像

メニューは大きく『訪問者解析、訪問者環境、管理メニュー』の3つに分かれています。大まかな部分から細かい部分まで対応しています。実際にメニュー項目に触れていきましょう。

訪問者個別表示

エースアナライザーの訪問者個別表示

訪問者の個別情報を見ることができます。

  • 使っている端末とOS
  • 画面の表示サイズとキャリア
  • IPアドレスと言語
  • リモートホストとリンク元
  • 訪問回数、初回、前回のデータ
  • 閲覧したページ

キャリア別の表示にも対応しており、意外と細かい部分まで把握することができますね。

訪問者の閲覧パターン(行動)

エースアナライザー訪問者閲覧パターンの説明画像

おもしろいと思ったのが訪問者の行動が見れることです。

最初に訪れたページのトップ10、そこから2番目に訪れたぺージ、最後に訪れたページ(訪問者が離脱したページ)のデータを円グラフで視覚的に確認が可能です。

誘導が上手くいっているか、ページの改善点はどこなのかを円グラフから予測することができます。

期間の指定もできますし、これで完全無料ってすごいと思いますね。

ページの閲覧時間の表示

ブログ平均滞在時間の閲覧画面

訪問者がどの程度閲覧していたのか、合計時間と平均滞在時間を見ることができます。

貼り付けて間がないのでデータは少ないですが、これも凄く良い機能です。自分のブログでどのページが人気なのか一目瞭然ですね。

『リンク元』と『検索エンジン、キーワード』の解析は弱そう

ここまでは正直完璧だと思うのですが、『リンク元』と『検索エンジン、キーワード』の解析に関しては弱そうです。

アクセス数に対して表示されるデータが少ないので、解析できていない可能性があります。ただし『リンク元と検索エンジン、キーワード』に関しては、Googleアナリティクスが一番正確なので、エースアナライザーでは見る必要がないと言えます。

『はてなカウンター』でも解析できていない部分だったので、計測するのが難しいのかもしれないですね。

時間、日にち、曜日、月単位のアクセス数の解析

アクセス数のグラフ表示

グラフでアクセス数を見ることができます。

  • 時間単位=『点線』グラフ
  • 日にち単位=『横棒』グラフ
  • 曜日単位=『縦棒』グラフ

範囲別に違う図形で表示されます。アクセスグラフの内訳は『PC,スマートフォン,フィーチャーフォン』の3種類です。

アクセスIPアドレスの一覧

また、IPアドレス別にヒット数と訪問回数を表示させることもできます。

右側にある追跡(虫眼鏡)ボタンを押すと、そのユーザーがどこのページを訪問していたのか確認することが可能です。

難しいことなくクリックしていくだけで、直感的にサクサク見れるのが便利ですね。

エースアナライザー訪問者環境の見方

訪問者のキャリア別データ表示の例

『訪問者環境』の項目では訪れているユーザーのアクセス環境が見れます。訪れたユーザー使っているキャリア、OS、ブラウザがグラフでチェック可能。

訪問者の地域別データ表示の例

あとはあまり使わないと思いますが、都道府県別のアクセスも見ることができます。

国と言語のデータ表示例

エースアナライザーはグラフや図で表示されるので、直感的に見れるところが良いですね。国と地域のアクセス、言語まで対応しています。

エースアナライザー管理メニューの見方

管理メニューでは登録情報やアクセス除外、初期化などが行えます。

会員情報から自分の個人情報、サイトデータの更新、メール配信設定、の変更が可能です。希望すれば解析レポートをメールで送ってくれます。これもおもしろい機能ですね。

デフォルトではオフになっているので、見たい方は設定するのを忘れないでください。

パスワードの再設定は管理メニューから行えますよ。

自分のアクセスを除外する!解析除外の設定

解析除外の設定画面

ブロガー、サイト管理人ならやっておきたいのが『自分のアクセス除外』です。

自分のアクセスを解析データから除外したい場合、『解析除外の設定』から行うことができます。画像の真ん中の部分『cookieを保存する』をクリック→『cookieを削除する』に変われば成功。

あとは『IPアドレスによる設定』のIP項目に自分のIPを入力してください。最後に一番下にある『保存』ボタンをクリックすれば完了です。

データベースの初期化に関して

データベースの初期化説明画像

最後は『データベースの初期化』に関してです。

今までのアクセスデータを初期化することができます。ただし、一度消すと戻すことができないので注意してください。

新しいサイトに貼り付けるなど、そういったときに使いたい機能ですね。

解析レポートメールをONにしてみた

Ace-analyzerのメールレポート

せっかくなのでAce-analyzerのメールレポートをONにしてみました。

定期的に上記の内容でメールレポートを届けてくれます。画像は移転後の旧サイトのデータになりますが、意外とアクセスがあるようです。

Ace-analyzerのメールレポート日別

読者登録をしている方が見に来てくれているみたいです。本当にありがとうございます。

メールでまとめてアクセス数をチェックできるのは嬉しいですね。

外部参照元のURLも知らせてくれるので意外と便利かもしれません。

スポンサーリンク

エースアナライザーのメリットとデメリットを考えてみる

実際に使ってみて感じたエースアナライザーの『メリットとデメリット』をまとめてみます。

ace-analyzerのメリット

  • グラフや図が使われていてデータが見やすい
  • 最低限、必要な部分だけ手軽にチェックできる
  • 完全無料で利用できる
  • 広告が控えめで邪魔に感じない

ace-analyzerのデメリット

  • 広告が一行表示される(nofollowは付いていない)
  • リンク元、検索ワードの解析能力が弱い

メリットはとにかく簡単、手軽に設置できることですね。直感的に見れるのも良いです。難しいことは苦手という方にはオススメです。

デメリットはnofollowの広告が表示されてしまうこと、あとはリンク元や検索ワードを本格的に見たい人にとっては物足りません。その点は『Googleアナリティクス』の方が機能的に優れています。

無料アクセス解析の『ace-analyzer』のオススメ評価レビューのまとめ

今回は無料アクセス解析の『ace-analyzer(エースアナライザー)』の評価レビューをお届けいたしました。いかがでしたか?

メリット、デメリットがありますが、簡易的に使うのであれば、間違いなく高機能な無料アクセス解析といえます。ブログのアクセス解析が使いにくい場合、エースアナライザーは優れた代わりになりますね。

実は私が今回『エースアナライザー』をLIFE LOGSにテスト導入したのは2017年8月7日に『はてなカウンター』のサービスが終了するからです。

初心者向けで使いやすいので、無料アクセス解析、カウンターの代わりを探している方はぜひ使ってみてください。

簡易的に見たいならエースアナライザーはオススメです。本格的に細かく見るならGoogleアナリティクスが良いですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。ブログに関連する人気記事はこちらですよ♪

✍あわせて読みたい関連記事

スポンサーリンク


エースアナライザー解説記事のアイキャッチ画像