書評『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』レビュー

バカは最強の法則の表紙
スポンサーリンク

LIFE LOGSの天狗宇です。

今回は堀江貴文さんの本『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』の感想レビューをお届けしたいと思います。

『バカは最強の法則』は、銀行に勤めるOLの優子が、実業家ホリー(ホリエモン)との出会いをきっかけに今を生き抜くために必要な知識を身に着けるという物語です。

主人公の優子とホリエモンのやり取りを漫画で描いた後、重要なポイントを文章でまとめており、非常に読みやすい作品になっていますよ。

人気漫画『闇金ウシジマくん』のワンシーンをピックアップしながら説明するなど、面白い魅せ方をしている本ですね。

文章と漫画のバランスがとても良く、文字が苦手な方でもスラスラ読める内容になっています。

堀江さんの本を読んだことがない方にもオススメですよ。

ホリエモンが語る『バカは最強の法則』とは何か

バカは最強の法則の中表紙

主人公の優子は真面目なOLですが、実業家ホリー(ホリエモン)との出会いをきっかけに自分の働き方、生き方に疑問を持ち様々な質問を行うようになります。

その中でホリーは『馬鹿が頭の良い奴よりも成功しやすい理由』を語るのですが、端折って言うと『深く考える前に行動するチャレンジ精神』を持っているからと言えます。

昔は今の時代と比べると多様性がなかったため、終身雇用などで保障されていた世界ですから、仕事だけ頑張っていれば充分でした。

時代の流れが早いので考え過ぎて動けなくなる変に賢い人よりも、バカな方が成功しやすいのは納得できる話ですね。

スポンサーリンク

ビジネスで一番大切なものは信頼

ホリエモンの名言

優子は簡単に銀行から融資を受けていたホリーを見て、彼が強いコネを持っているのではないかと疑いますが、それに対してホリーは『ビジネスで大切なものは信用だ』と答えます。

信頼と人気を得ている人間であればビジネスが成功する確率が高くなります。例えばインフルエンサーの方が呟いたことに対して、様々な方が反応を示しますよね。

影響力が高い人間=信用されている=大きな仕事に繋がるというのが分かります。

構築するよりも信用を取り戻す方が大変なのは、何となく理解してもらえると思います。SNSが大きな影響力を持つ今の時代は本当に大切なことですね。

また、本書の中で一度信用を失った人間は、再度取り戻すのが大変なことも描かれています。大切な部分なので併せて読んで頂きたいです。

自分自身のリテラシーが試される時代

バカは最強の法則のネットリテラシーに関して

ネットの情報を使ってお金を稼ごうと考えた時、どうしてもきな臭い話が出てくるものです。

煽り、詐欺、ネットの情報を見分けないと危うい『ネットリテラシー』に関しても書かれており、安易な拡散や不適切な情報に加担すると、自分自身の信用を失うことにも繋がることが分かります。

『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』では、バカであることの大切さを説きつつ、リテラシーに関しても語っているので勉強になりますよ。

自分自身の見聞を広げて、情報を見極められるようになりたいものですね。

スポンサーリンク

『闇金ウシジマくん』のワンシーンをピックアップしながら解説

バカは最強の法則のウシジマくん

『闇金ウシジマくん』には様々な名言がありますが、本書の中ではワンシーンをピックアップしながら解説しています。

『金自体に価値はねえよ』という言葉に秘められた意味、金の本質、お金とは何か?についても語っており、自分の価値観や視野を広げるのに良い内容です。

ウシジマくんを知らなくても読めますが、少しでも知っている方が楽しく読めるので『闇金ウシジマくん』の漫画もチェックしてみてください。

人間関係の断裁が一番考えさせられる

銀行員と顧客の会話

本書を読んでいて一番考えされたのは『人間関係の断裁』です。

ホリーができない奴を助けていても意味がないと語るシーンがあるのですが、これは本当にその通りなんですが中々難しいんですよね…。

例えば自分より出来の悪いやつを助けてあげることで、自分はその人間よりも優れているという優越感を得ることができます。

承認欲求を満たすための行為が、結果的に自分の貴重な時間を奪われてしまうことがあるんですよね。特に『向上心の無い出来ない奴に優しくするのは時間の無駄』です。

一方的に頼られるようになると、最初から助けを求めてくる癖が付きます。時にはスルーしてあげた方が本人のためにも良いことなので、人間関係の見直しは大切だなと思いました。

自分にとっても相手にとってもプラスになる、お互いに切磋琢磨できる関係を築ける人と付き合った方が有益です。自分も頑張ろうという向上心を持つことができるからです。

私自身も経験していますが、出来ない奴を助けても『ダメなサイクルを作りだす』だけになります。金を貸しても中々返さない、約束を破る…等々(トオイメ)

『付き合いが長いから許している』といった関係もあると思うんですが、大胆に整理して行った方がプラスになる可能性は高いですね。

向上心がなく、言い訳が多い人物との付き合いはあまり意味がないなと思いました。『すべてを断裁しろ』とは言いませんが、今一度見直してみるのも大切ですよ。

スポンサーリンク

『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』レビューのまとめ

バカは最強の法則の裏表紙

今回は『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』の書評レビューをお届け致しました。

読みやすい良書なのですが、堀江さんの本を良く読んでいるという方には、少し物足りなく感じるかもしれません。読んだことがない方、根本的なリテラシーを身につけたい方などにはうってつけの本です。

最低限身に着けて欲しい知識が分かりやすく詰まっているので、あまり本を読まないという方にプレゼントするのも良さそうですね。

堀江さんは合理主義者であるがゆえに叩かれまくっていましたが、常に最短の道を歩んでいたように思います。早くから堀江さんのことを知っていた方が羨ましいなと思いました。

私も自分の限界は自分で決めず、これからガンガン進んでいきたいと思います。ときにはバカになって大胆に挑戦してみることも大切そうですね。

本を好きな方はもちろん、普段読まないという方にもおすすめしたい良書です。スラスラ読めて面白いのでチェックしてみてくださいね。

堀江さんの方は本当に良書ばかりなので、他の本も読んでみてくださいね。本に関連する人気記事もどうぞ♪

✍本に関連する人気記事

スポンサーリンク

バカは最強の法則の表紙