LIFE LOGS

スマホアプリゲーム、pcsoft、Business、レビュー、ライフ、まとめ、ネットで稼ぐ他、役立つ情報を記録するLOG

KDP、kobo、自費出版(自己出版)の為にSigilでEPUB3を作る、文章入力などの実践編

出版したいなら電子書籍!

ですが電子書籍を自費(自己)出版するためには、EPUBというファイル形式で文章を作成しなければなりません。そのために今回はSigilを使ってEPUB3で文章の入力、ファイルの作成を行っていきたいと思いまっす!

※前回の関連記事はこちら

www.lifelogweb.com

Sigilで文章の入力と見出しの設定

まずSigilを起動したデフォルトの状態、あるいは新規作成した状態のデータを見てみましょう。

Sigilを起動したデフォルトの状態

白紙の状態から、実際にあなたが書きたい文章を打ち込んでいくのです。

一例としては最初の1ページは「プロローグ」「はじめに」「ご挨拶」などの入り方が多いかもしれませんね。

私は「電子書籍を自費出版しよう」というプロローグ的な文章から始めます。正確に言うとブログにすでに書いてある記事なんですけどね…?

Sigil「電子書籍を自費出版しよう」というプロローグ的な文章

実際にSigilに入力してみました。普通のテキストソフト、ワープロソフトのように打ち込んでいけるので簡単です。それと作成した文章に必ず見出しの設定を行ってください。

「見出し」とは次に書かれている記事の内容が一目で掴める、題名のようなものですね。上の例ですと「電子書籍を自費出版しよう」がh1の一番大きな見出しの設定にしてあります。そして同じページ内で次に使う見出しはh2~を使っていきましょう。

Sigil見出し

文章を反転させた状態で、左上にある「h1~6」のボタンを押すだけで見出しの設定が行えます。後々目次を作るためにも重要になるので、絶対に忘れないようにしてくださいね。

物語形式の見出しですと「第何話~」「第何章~」といった書き方をするかもしれません。自分の作風にあった文章を考えてみてください。

Sigilのページ名の変更とページの作成

Sigilのデフォルトのページは「Section0001」になっています。こちらはもちろん名前の変更が可能ですよ、右クリックして「名前を変更」で自分の好きなファイル名に変えましょう。

右クリックして名前を変更

EPUBファイルは日本語でページ名を保存してしまうとエラーがでてしまうので、ページの名前は日本語ではなく必ずローマ字(アルファベット)にしてください。

他には「空のHTMLファイルを追加」で新しい白紙のページの追加が可能です。「コピーを追加」で同じページのコピーを作成したり「既存のファイルを追加」からEPUBファイルに画像の保存を行うことができます。

Sigilの画像ファイル追加、元に戻すとやり直しの注意点

このEPUBファイルはひとつのファイルとして独立している物なので、画像は一度ファイル自体に追加を行って保存しなければなりません。

Sigilは画像をファイル自体に追加する

画面左上にある蛍光ペンで表示している部分、左から順に「新規作成」「ファイルを開く」「既存のファイルを追加」「保存」「元に戻す」「やり直す」の機能になっています。

「+」のアイコンからでも「既存のファイルを追加」を行うことができますので、電子書籍で使用する予定の画像は忘れずに追加していきましょう。

Sigilの「元に戻す」「やり直す」の機能なのですが、ページから他のページに移動してしまうと使えなくなってしまいますので注意してください。ページを誤って削除してしまった場合も該当しますので、ページを削除する際は気を付けましょう。

保存したファイルは文中で右クリックして「ファイルを挿入」で追加することができます。

ファイルを挿入

「ファイルを挿入」をクリックすると、ファイルに追加したデータの一覧を見ることができます。

ファイルに追加したデータの一覧を見る

こうして一覧で見れるのはすごく便利ですね!

ファイルも探しやすいうえに使いやすいです。早速画像を挿入してみます。

画像を挿入

良い感じですね!少しずつ本が完成に近づいていくのがわかります!

覚えておくと便利!Edit/Paste From Clipboard History

文章を入力している途中に使うと便利な機能をご紹介します。「編集→Edit/Paste From Clipboard History」の順でクリック。

するとコピーした文章、最近のクリップボード一覧が表示されます。

ショートカットキー「Ctrl+Alt+V」を覚えておくと、すぐに呼び出すことができて便利ですよ。必須ではありませんが中々便利な機能ではないでしょうか。

まとめ

Sigilでの文章入力、実践編!いかがでしたか?

 
Sigilで文章の入力と見出しの設定、ページ名の変更とページの作成、ファイルの追加、元に戻すとやり直しの注意点、コピー機能、覚えること多かったかな?お疲れ様でした(><)

今回は色々覚えることが多かったかもしれませんが、一度覚えれば難しくはないですよ!頑張って行きましょうね!

最後まで読んでくれてありがと♪天狗宇@てんぐうでございましたっ!

関連記事

Sigil目次の生成、リンクの挿入方法(自己出版のための電子書籍の作り方続編)

知識ゼロからAmazon(Kindle)KDPと楽天koboで自費出版する方法【保存版】役立つ全11記事