書評『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−』サイト・ブログ運営の初心者が読むべきおすすめ本!

『沈黙のWebライティング』のボーンと本
スポンサーリンク

LIFE LOGSの天狗宇です。

今回は人気Webコンテンツの書籍本『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−』の感想レビューをお届け致します。

『沈黙のWebマーケティング』は株式会社ウェブライダーの代表取締役:松尾茂起さんが書いた『Web運営』に関する実用的な入門書です。

Web上で連載されていた人気コンテンツを書籍化したもので、本編のほか書き下ろしも追加されていますよ。

『Webマーケティング』という言葉を聞くと難しそうに感じる方も多いと思いますが、本書ではマンガイラストによる物語風の魅せ方、吹き出しによる会話など、初心者の方でも非常に読みやすい本になっています。

各章の終わりは、説明したことを再度分かりやすくまとめ直してくれているので、本当にスラスラと読むことができますね。

全496ページという超ボリュームなので読み応えも充分です。

入門書でもありますが中級者以上の方も満足できる良書になっていますよ。

沈黙のWebマーケティングはSEOの基礎から本質まで学べる

沈黙のWebマーケティングの目次

本書はヒロインの松岡めぐみの父親が『サイトを上位表示させるためのSEO対策』を外部に依頼したことから始まります。

ですがそのSEO対策は悪質なもので、結果的にGoogleから『ペナルティ』を受けて検索上の表示から削除されてしまうことに。

序盤では登場人物のやり取りを交えながら『絶対にやってはいけないSEO対策』に関するほか、Googleウェブマスターツールの使い方を学ぶことが出来ます。

サイトを運営している方はツールに関して知っていると思いますが、実際にペナルティを受けた際の解除方法に関しても説明があるので参考になりますね。

確認や辞書的な用途で置いておくのにも良いです。

スポンサーリンク

エンタメ性のあるストーリー展開と分かりやすい解説

沈黙のWebマーケティングの登場人物

初心者におすすめできる大きな理由の一つとして『SEOの知識』が物語風に学べることにあります。

ヒロインの疑問に対してボーンやヴェロニカが優しく解説、例えて言うなら『生徒と先生』のような関係で進んで行くのが良いですね。

沈黙のWebマーケティングのキャラクターやり取り

『遊び心を感じさせる優しい教科書』と言えます。

登場人物のやり取りだけでなく重要な部分のポイント説明もあるので確認を行いながら読むと効果的です。

この本が読みやすい=コンテンツとして優れている=本自体がひとつの『コンテンツマーケティング』と捉え、記事を作成する方も、本書の魅せ方を参考にすると後々役に立つと思いますよ。

各章の登場人物とのやり取りを最後に改めてまとめて説明

まとめの文章と画像解説

物語の進行にページを割いているだけでなく、随所にポイント解説を入れ、最後は上記画像のようにまとめて記事で説明してくれます。

理解出来ない部分があったら少し巻き戻り、キャラクターのやり取りを見直した後に読めば『なるほど』と納得できるはずです。

文章と共に実際のパソコン画像も掲載されており、ここでも読みやすさを追求しているのが伝わりますね。

スポンサーリンク

中級者以上も読んでおきたいマーケティングとソーシャルメディア運用に関して

沈黙のWebマーケティングのページ

Webサイトを運営するにあたってデザインに拘るのも大切ですが、本当に必要とされるのは『質』であるとコンテンツの大切さを説いています。

中盤や後半では『相手の心を掴める』ような考えを持つこと、『内的SEO』や『外的SEO』に関する知識も学べます。

『沈黙のWebマーケティング』は500ページ弱もあるので、本書の良さを全て書くことは出来ません。

主な内容としては

  • SEOの基本から応用まで
  • ガイドラインの大切さ
  • Webデザインは見た目だけでなく『質』
  • 相手の気持ちを捉えるセールスレターの作成
  • キーワードの転換方法
  • SNS時代のメディア露出起点に関すること

 

上記6点は特に重要ですが、この他にも『レンタルサーバー』に関する事など、Webサイト運営に役立つ情報が詰まっています。

これからWebサイト運営やブログを書こうと思っている方、すでに運営に携わっている方など、『Webに関わるすべての方にオススメ』できる良書と言えるでしょう。

巻末の増刷記録

特にレビューも良ければ著者の信頼も高いのが特徴です。Amazonでの評価レビューも非常に高く★5が一番多いですね。

巻末には第6制まで増刷されているのが分かります。作者の方自身がWeb制作に関わるプロなので著者の信頼が厚い様子も伺えますよ。

Webサイト運営・ブログ運営者には2冊がオススメ!

WebマーケティングとWebライティング

Webマーケティングに関する基礎的な知識・応用は『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−』を読めば充分ですが、さらに自分自身の能力を上げるのであれば『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—』もおすすめです。

  • 検索エンジンに評価される記事作成
  • 分かりやすい文章
  • 成果が出るにはどう書くべきか

 

『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—』では『Webライティングに関する文章の書き方』を学ぶことが出来ます。

書いても成果が出ない、アクセスが集まらないという方はぜひ参考にしてみてください。『沈黙のWebライティング』のレビュー記事もありますのでこちらもどうぞ。

特にブロガーの方は2冊とも読んで欲しいですね。

ちなみに2冊合わせると1000ページを超えます(笑)

結構な分厚さになるので、場所を取られるのが嫌な方は『Kindle本での購入』もおすすめです。今ならKindle版で購入すると『*50%以上』の割引を受けることが出来ますよ。*2018/1/16時点

割引はいつ終了するか分かりません。気になった方はすぐにセールをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

沈黙のWebマーケティングの感想レビューまとめ

沈黙のWebマーケティングの裏表紙

今回は『沈黙のWebマーケティング 』の感想レビューをお届け致しました。

Webマーケティングに関する本は難しそうで手が出しにくいイメージがあります。ですが、そんな方こそ手に取って欲しいおすすめの本です。

読む前と読んだ後では自身の能力が変わると思います。初心者の方は勿論、Web運営に携わる方はぜひ手に取ってみてください。

『496ページ』にも及ぶ超ボリュームですが、分かりやすいのでスラスラ読めてしまいます。

本当に役立つ本なので、まだ読んだことがない方はチェックしてみてくださいね。本やブログ運営に関する記事もどうぞ♪

✍本・ブログ運営に関連する人気記事

スポンサーリンク

最新スマホゲームおすすめ

『沈黙のWebライティング』のボーンと本