»【神ゲー】超面白いスマホゲームおすすめ無料ランキング2020

楽天ペイ攻略まとめ【2020年8月版】お得に使う方法を紹介

楽天ペイのアプリ画像

どうも! 楽天ヘビーユーザーの天狗宇です!

今回は楽天を使い倒している私が『楽天ペイ』の攻略情報をまとめてお届けしたいと思います。

楽天ペイはアプリを利用してキャッシュレス決済を行うサービスです。現金やクレジットカードよりもサクッと会計が行えるほか、使用する度にポイントが付与されるシステムになっています。

パッとスマホを取り出して決済できるのが嬉しいですね。要点を押さえて利用すると本当にお得なアプリですよ。

この記事はこんな方向け
  • 楽天ペイに興味はあるけど使ったことがない
  • 楽天ペイの使い方がイマイチ良く分からない
  • お得な使い方・楽天ペイの攻略方法や最新情報を知りたい…etc

上記の方へ向けて楽天ペイの攻略情報をお届けしたいと思います。

この記事で楽天ペイをマスターしてください。

楽天ペイ攻略に必須!最新のキャンペーン情報をチェック

まずはサクッと楽天ペイの最新情報とキャンペーンを紹介します。

楽天ペイ8月時点の最新キャンペーン情報
  • 2020年7月1日より楽天カードで楽天ペイにチャージを行うと0.5%還元
  • Suicaチャージで楽天ポイントが貯まる(楽天カードのみ対象・200円で1ポイント)
  • 楽天ペイでマイナポイントを受け取って利用すると使った分最大1.5%還元

現時点の最新情報とキャンペーンは以上になります。記事内で解説しますのでぜひ最後まで読んでください。

楽天ペイとは?押さえたい基本攻略ポイント7選

楽天ペイのチュートリアル画像

楽天ペイは『楽天』が提供するスマホ決済アプリです。

楽天会員IDと連携して『楽天ポイント』を使用できるほか、対応している街のお店やネット店舗で利用すると1%還元してもらえるのでガンガンポイントを貯めることができます。

通常のポイントはもちろん、余りがちな『期間限定ポイント』を使えるのが嬉しいですね。

楽天ペイの攻略・キャンペーン画像

上記に加えて『2020年7月1日』より楽天ペイのコード・QR払いで『いつでも最大1.5%還元』が始まっています。

楽天カードからチャージすると0.5%の還元、チャージした楽天ペイで支払うと1%の還元、あわせてポイントの2重取りが可能になり合計1.5%の還元を得ることができます。

楽天ペイのアプリ内に『楽天ポイントカード』と『楽天EDY』機能が付いているのも嬉しいポイント。同じ楽天ペイユーザーへの送金も可能になっています。

ここまでの基本をまとめると…

楽天ペイの基本攻略
  • 楽天ペイはスマホ決済アプリ・楽天会員IDでログイン
  • 楽天銀行やラクマの売上金をチャージ可能
  • クレジットカードでチャージ可能(楽天カードならチャージ分を0.5%還元)
  • 楽天ポイントや期間限定ポイントが使える
  • 楽天ペイで支払うと1%還元(貯めていたポイントでの支払いも対象)
  • アプリ内に『楽天ポイントカード』と『楽天EDY』が付属
  • ユーザー同士で楽天キャッシュの送金も可能(ポイントは付かない)

ここまでが基本です。楽天カードでチャージするのが一番オトクですね。楽天ペイの攻略に楽天カードは欠かせないので必ず作りましょう。

楽天カードの発行はこちら

1.楽天ペイの登録方法・利用までの流れ

続いて楽天ペイの登録方法と設定の流れを解説します。

STEP.1
楽天ペイアプリをダウンロード

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!

楽天ペイ

Rakuten, Inc.無料

まずはApp Storeからアプリをダウンロードします。

STEP.2
楽天会員IDでログイン

楽天ペイのログイン画面

楽天ユーザーIDとパスワードを入力してログインを行います。

STEP.3
クレジットカードの登録(楽天カードがおすすめ)

楽天ペイのクレジットカード設定

最後に利用するクレジットカードを登録します。

楽天カードのみ0.5%還元対象なので、楽天ペイを使うのであれば楽天カードがオススメです。他社のクレジットカードでチャージを行っても0.5%の還元はないので注意してくださいね。

アプリのナビゲーションが分かりやすくなっており、迷わずに利用できますよ。続いて支払い方法を覚えておきましょう。

2.楽天ペイの支払い設定(3種類)

楽天ペイには3種類の支払い設定が存在します。

支払い設定
  1. チャージ
  2. ポイント払い
  3. クレジットカード払い

チャージ・支払い設定に関しては上記3種類がメインになりますね。チャージは楽天銀行やクレジットカードから予めチャージを行い、楽天ペイにポイントを入れておく方法です。

楽天ペイのチャージ画面

このときに楽天カードを指定しておけばチャージ時に0.5%のポイント還元を得られます。

ポイント払いでは決済時に『持っているポイントを優先して使う』ように設定が可能です。万が一ポイントが足りなくても、クレジットカードを紐付けておけばカードと合算して支払いを行ってくれますよ。

ただし、その場合ポイントはクレジットカード分の1%しか付きません。フルに1.5%の還元を受けたければ事前に楽天カードでチャージしておくのが一番オトクですね。

ここまでをまとめると…

支払い設定の攻略Point
  • 予めポイントをチャージするのが一番オトク
  • クレジットカードを紐付ければポイントが足りなくてもカードと併用して支払える

ここだけは押さえておいて欲しいですね。続いて決済の種類をご説明します。

3.楽天ペイの決済方法(3種類)

楽天の支払い見本画面

楽天ペイは3種類の決済方法が存在します。

3種類の決済方法
  • コード・QR払い:画面中央にあるコードをお店に提示
  • QR読み取り:カメラを起動してスキャンする
  • セルフ:自分で金額を入力後、店員に確認を行ってもらった後に支払い

対応している店舗であれば『コード・QR払い』が基本になります。アプリを開いて店員にバーコードを提示するだけなのでカンタンですね。

楽天ペイによる『コード/QR/セルフ』での支払いが還元対象です。アプリ内の楽天ポイントカードや楽天EDYで支払っても還元は受けれないので注意してください。

4.楽天ペイが使える店舗

楽天ペイ対象の店舗

上記画像の他

上島珈琲店/かっぱ寿司/KFC/藍屋/吉野家/温野菜/白木屋/鳥メロ/ツクモ/アオキ/その他数百~店舗が対応しています。年々増えており、ニッチな店舗でも使えるようになってきました。

5.楽天ペイが使えるネット店舗

楽天ペイ対象のネット店舗

上記画像の他

モバゲー/DMM.com/ムビチケ/その他様々な店舗が対応。年々増えており、ニッチなお店でも使えるようになってきました。

6.位置情報を利用すればカンタンに対応店舗を調べられる

楽天ペイの位置情報設定

楽天ペイに対応する店舗は年々増えています。

位置情報を利用して使える店舗を探すのが一番楽です。スマホの位置情報機能をONにした状態で、楽天ペイのハンバーガーメニューを開いてみましょう。

楽天ペイの位置情報を利用して店舗の検索

『使えるお店 地図』と『使えるお店 一覧』の項目がありますのでタップしてみてください。ここでは『使えるお店 地図』をチェックしてみます。

楽天ペイを使用できる店舗がたくさん表示されましたね。カンタンにチェックできるので位置情報の利用がおすすめですよ。

7.使えない時に確認したい楽天ペイの利用限度額(支払い上限)

楽天ペイは1日に利用限度額が存在します。

楽天ペイの上限
  • クレジットカード登録で1回50万円の決済が限度
  • ポイントでの支払いは3万が限度
  • コンビニは1日4000円が利用限度額になる

利用する場所や支払い方法によって異なりますので、使えないときは利用限度額のことを思い出してくださいね。

楽天ペイ攻略の裏技・ポイント貯めや有効活用テクニック6選

1.楽天ポイントカードとの併用でポイントを3重に獲得可能

楽天ポイントカードの対応店

楽天ポイントカードに対応している店舗であれば、楽天ペイで支払う前に楽天ポイントカードを提示すればポイントを獲得することが可能です。

3重獲得の流れ
  • 楽天カードで楽天ペイにチャージ(0.5%獲得)
  • 会計前に楽天ポイントカードを提示(最大1%還元・お店によって還元率は異なる)
  • 楽天ペイで支払ってポイントを獲得(1%還元)

これでポイントの3重獲得が可能になり、最大2.5%の還元を得ることができます。楽天ペイ内に楽天ポイントカードのページが存在するので楽に提示できますね。

楽天ペイのポイントカード画面

楽天ペイと楽天ポイントカードの両方に対応している店舗で買い物するとお得ですよ。

2.他社のポイントカードを混ぜれば4重にポイント獲得可能

他社のポイントカードに対応しているお店であれば、4重にポイントを獲得することが可能です。例えば『Pontaカード』を扱っている『ローソン』で買い物する際は

4重獲得の手順
  • 買い物前に楽天ペイで楽天カードへチャージ
  • ポンタカードを提示
  • 楽天ポイントカードを提示
  • 楽天ペイで決済

上記の手順を踏めば4重にポイントがもらえます。ポイントカードを複数扱うのは手間ですが、その分還元が多くなりますね。

Pontaカード以外にも『ファミマ、くすりの福太郎、ダイコクドラッグ』など様々なポイントカードが存在しますよね。ポイントを貯めたい方には嬉しい攻略情報なので覚えておいてください。

3.楽天チェックを使えば5重にもらえる

楽天チェックの画像

楽天には『楽天チェック』というアプリが存在します。

楽天チェックは対象の店舗に行くと楽天ポイントが貯まるアプリです。今まで説明した方法に加えて、対応した店舗であればチェックすることで楽天ポイントを獲得することができますよ。

アプリを含めると5重にポイントを獲得できるのが凄いですね。ただし、実際に使ってみると分かりますが、楽天チェックで獲得可能なポイントはほぼ『1ポイント』です。

今後どのように仕様変更されるか分かりませんが、1ポイントでも多く貯めたい方はぜひ使ってみてください。

楽天チェック

楽天チェック

Rakuten, Inc.無料

4.楽天ペイでの支払いにポイントを使いたくない場合の設定方法

楽天ペイのポイントカード設定

『貯まっている楽天ポイントをお店で使いたくない…』

そんな方は『すべてのポイント/キャッシュを使う』から設定を変更しましょう。

楽天ペイのポイント変更画面

『ポイントを優先』するかチャージした『キャッシュを優先』するか選ぶことができます。楽天ペイの支払いにポイントを使用したくない場合、画面にある設定の項目からいつでも変えられるので覚えておいてくださいね。

5.楽天ペイのSuicaチャージで楽天ポイントを貯められる

楽天ペイのSuicaチャージ画面

楽天ペイがSuicaの発行に対応しました。

楽天ペイのアプリからSuicaの発行がカンタンに行えるほか、チャージする際『200円ごとに1ポイント』貯めることができますよ。

還元率は0.5%になりますが、電車代でポイントを貯められるのは嬉しいですね。こちらも楽天カードによるチャージだけが還元対象です。

6.楽天ペイでマイナポイントを受け取るとお得(2021年3月31日まで)

楽天ペイとマイナポイント

マイナポイントは政府が実施する『マイナンバーカード』に紐付けられたポイント還元制度です。

楽天ペイはマイナポイントに対応しており、楽天ペイで決済を行うと上限の5,000ポイントまでマイナポイントによる還元を受け取ることが可能です。

アプリを利用した際のポイントも還元されるので「最大1.5%お得」になっていますね。ポイント払いも対象なのが美味しいところです。

マイナポイントの申込期間
  • 受付期間『2020年7月1日~2021年3月31日』
  • 対象利用期間『2020年9月1日~2021年3月31日』

期間限定なので楽天ペイで受け取りたい方は忘れずに手続きを行いましょう。申込はアプリ内からできますが、マイナンバーカードが必要なのでご注意ください。

楽天ペイの攻略に必須なアイテムは楽天カード一択

説明が長くなりましたが、楽天ペイをお得に使うために必要なのは『楽天カード』だけです。楽天ペイに楽天カードを絡めるだけでグッとお得になるということだけ覚えておきましょう。

まだ楽天カードを持っていない方は早めに作っておいてくださいね。年会費が永年無料に加えて、新規入会&利用で大量のポイントを獲得できますよ。

楽天カードの発行はこちら


楽天ペイ攻略のまとめ

以上、楽天ペイの攻略情報をまとめてお届けしました!

最新情報やキャンペーンに関する内容も紹介してありますので、チェックしてもらえれば完璧に楽天ペイを攻略することができると思います。

優れたスマホ決済サービスなのでぜひ利用してみてください。お得にポイントを貯めることができますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。スマホアプリに関連する記事もどうぞ。