EPUB3作成ソフトSigil(最新版0.9.7)ダウンロード、インストール後の日本語化や環境設定まで

スポンサーリンク

電子書籍を自費出版したいと思った際に、作成するデータに関しては「EPUB(イーパブ)」というファイル形式で保存しなければなりません。

EPUBは電子書籍の規格の一つであり、EPUBで作成することで様々なプラットフォームに対応させることが可能です。そこで今回はEPUB3作成のために、無料で手に入れることができるフリーソフト「Sigil」を使って作成を行いたいと思います。

SigilはEPUB2というひとつ前の形式で作られていたのですが、去年からEPUB3に対応したのです!今までは一部の自費出版にしか対応していなかったのがネックでしたが、これで勝つる!非常に手軽、かつ簡単に作れるのでオススメできます。

ダウンロードできる場所はGoogleのHPとSigilの公式HPからです。

Sigil(最新版0.9.7)のダウンロードとインストール。起動後の日本語化の環境設定までをご説明したいと思います。

SigilをGoogleのホームページからダウンロードする

Sigil(シギル)GoogleのHP

https://code.google.com/archive/p/sigil/

始めに上記のホームページにアクセスします。

sigilダウンロードGoogle

次にDownloadsをクリックしてダウンロードファイル一覧を開きます。

sigilダウンロード画面

Mac-Packageもあるようですが、私はWindowsPCなのでWindows-Setupをダウンロードしました。GoogleのホームページからダウンロードできるSigilのヴァージョンは0.7.4です。

こちらのヴァージョンはEPUB3に対応していないため、Sigilの公式ホームページをチェックしに行きましょう。

スポンサーリンク

Sigilを公式のブログ(ホームページ)からダウンロードする

sigil-ebook.com

上記がSigilの公式ホームページです。

ページからSigilの最新版をダウンロードできるリンクがあります。

github.com

上記のページの一番下にDownloadsの一覧があるはずです。

見つけたら最新版0.9.7(2017/01/20時点)のSigilをダウンロードしてください。今回はこの最新版Sigil0.9.7を使って、電子書籍のためのEPUB3を作成したいと思います。

尚、2017年6月22日にSigil0.9.8がリリースされました。大きな操作の違いはないので、最新版が良い方は0.9.8をダウンロードしてください。

sigil公式ホームページダウンロード一覧表

「最初から公式のホームページで良くない?」と思われるかもしれませんが、フリーソフトはごくまれにリンク切れが起こることがあります。ですのでダウンロード個所は2か所覚えておいて損はないですよ。※古いバージョンの一部はEPUB3未対応です

Sigilをインストールする

downloadしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動しましょう。

sigilインストーラー

ライセンス規約に同意してNextボタンを押してください。次はインストール内容の確認です。何か細かい設定を行いたい場合を除いて、そのままインストールして問題ありません。

Sigilインストールする際の設定

Create a desktop iconはインストールが終わった後にデスクトップにショートカットを作成するかしないかを選べます。

Associate ebook Files with SigilはEPUBファイルとSigilを関連付けることができます。EPUB形式のファイルを起動すると、自動的にSigilで開くように設定が行えるのです。特別チェックを入れる必要はありませんので、お好みで行ってください。

シギルインストール画面

最後に確認画面がでますので、問題がなければインストールのボタンを押しましょう!

インストールの読み込みが終わったらセットアップ完了です!Finishを押して終わらせてください。

次はSigilを日本語化、EPUB3形式で保存するための環境設定を行います。

スポンサーリンク

Sigilの日本語化、EPUB3保存、環境設定

sigilの日本語化やepub3保存など

インストールしたSigilを日本語化、EPUB3形式で保存する方法を解説するとともに、環境設定に関して触れていきたいと思います。

次はSigilの日本語化とEPUB3形式の保存のやり方を覚えていきましょう!

Sigilの起動と日本語化

まずはインストールしたSigilを起動させましょう。

Sigilはもともと英語のソフトですので、日本語に変えた方が操作もしやすいです。そのために「Plugins→Manage Plugins」の順番でクリックします。

英語版のsigilを日本語化に

Preferencesの画面が表示されますので、上から4番目の「Language」をクリックして「User Interface Language」と「Default Language For Metadata」のふたつをJapaneseに変更してください。

Sigilを日本語に設定する画面

Japaneseに変更を行った後は、日本語化を反映させるためにSigilを再起動する必要があります。

日本語化、EPUB3であることを確認

Sigilを再起動してメニューが日本語になっていたら完了です。初期起動時は英語で戸惑ってしまうんですよね…忘れずに日本語に変更を行いましょう!

スポンサーリンク

Sigilをepub3.0形式にする

次はSigilでファイルを作成した際にepub3で保存するように設定を行います。先ほどと同じ個所なのですが「Plugins→Manage Plugins」の順番でクリックします。(日本語だと、プラグイン→プラグインの管理)

英語版のsigilを日本語化に

Preferences(設定)の画面を開いたら「General Settings」を選択。

ここで「Create New or Empty Epubs as」のVersion3にチェックを入れて、忘れずに保存を行ってください。

sigilをepub3対応させる

反映させるために、保存した後にSigilを再起動してください。

再起動後、末尾が「epub3.0-Sigil」になっていれば完了です!

SigilのPreferences(設定)画面を見てみる

設定から他の機能もいじることが可能です。

「外観」からSigil内で表示されるフォントの変更なども行うことができますよ。

sigilの設定管理画面の解説、説明

ただしこちらはあくまでSigil内での表示となっており、実際の電子書籍に選択したフォントが適用されるわけではありませんのでご注意ください。

Sigilのキーボードショートカット

Sigilでは様々なキーボードショートカットが利用できるとともに、ショートカットの設定を自分でも行うことができます。

sigilのキーボードショートカット

覚えると便利なのですが、種類が多いので操作しながら覚えていけば良いでしょう。必須というわけではないので無理に覚えたり、設定をする必要はありませんが、使えるようになったら便利な機能です!

Sigilの言語設定

「言語」は先ほどのように「ユーザーインターフェースの言語」や「メタデータのデフォルト言語」を変更することができます。こちらは日本語に設定したらあとは特別いじる必要はありません。

Sigilのスペルチェック辞書

Sigilにはスペルチェック辞書という機能が付いています。こちらは対応している言語のスペルチェックをしてくれますが日本語は未対応のようです。

必要なければ右上の「ミススペル単語を強調する」のチェックを外してしまっても問題はありません。

自分でユーザー辞書の追加や、辞書単語リストなどの作成も可能です。

こちらも機能を理解したうえで使用できれば便利なのかもしれませんが、特別必要という訳ではないので触れなくても大丈夫です。

Sigilではエンティティ保持とプラグインの追加や削除が行えます。こちらに関しても特別に設定を変更する必要はありません。

Sigil(最新版0.9.7)まとめ

Sigil最新版0.9.7のダウンロードとインストール方法。インストールしたSigilを日本語化、EPUB3形式で保存、環境設定までをご説明しましたがいかがでしたか?

  • Sigilは無料で使えて手軽にEPUB作成ができる
  • 最新版0.9.7はEPUB3に対応
  • 英語のソフトだけど日本語に対応している(設定から変更を行う)

古いファイル形式でしか対応していなかったSigilですが、その欠点を克服したVersion upをしてくれました。何よりそのシンプルな操作性が私は好きですし、初心者の方にもオススメできます。

この調子でSigilでEPUB3作成を行い、自費出版を目指していきましょう♪

最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございました!関連記事もどうぞ!

関連記事

Sigilでメタデータエディター(著者名、書名、著作権などの情報)の入力、設定を行おう

知識ゼロからAmazon(Kindle)KDPと楽天koboで自費出版する方法【保存版】役立つ全11記事

スポンサーリンク