テキストファイルを使ってEPBU3の電子書籍を作成して出版する方法

テキストを使って電子書籍を作成して出版する方法
スポンサーリンク

当ブログにて何度か電子書籍に関する記事を書いてきましたが、今回はテキストを使って電子書籍を作成して出版する方法をご説明します。

・純粋に文章のみの小説を書きたい
・特別に表紙以外に画像の挿入を考えていない

そういった方には標準で付いているテキストソフトでの電子書籍作成がおすすめです。ただ長編の小説を書くには少し管理が大変なので、短編の小説を書きたい方に向いていると言えるでしょう。

作成方法としては一番敷居が低いので、初心者の方に特におすすめできます。

早速テキストを使ってEPUB3を作成していきましょう!

テキストソフトでEPUB3の電子書籍を作る

EPUB3化するにあたって、完成した作品が必要になります。テキストファイルにて小説を完成させてある前提でご説明させて頂きますので予めご了承ください!

まず完成されているテキストを用意したら、EPUB3へと変換が行えるサイトへとアクセスします。こちらは技術者の方が無償にて公開してくださっているサービスです。

ひまつぶし雑記帖でテキストファイルをEPUB3に変換してみる

ひまつぶし雑記帖さんのホームページです。

EPUB3::かんたん電子書籍作成

テキストファイルと表紙用画像をアップロードするだけでEPUB3形式のファイルが作成されて、ダウンロードするだけで済みます。

手順としては、本文テキスト、表紙画像をアップロード。後はタイトルと著者に名前を入れるだけです。

文中の小見出しの作り方も簡単で、文章内に「(小見出し)」と入れるだけで見出しとして認識される仕組みになっています。

テキストファイルと画像をアップロードして実際に作ってみました。

表紙名

表紙名は「cover.jpg」にしてください。

文章中の数字は半角ではなく全角

画像ファイル、テキストファイルは半角英数字でないとエラーがでます。文章中の数字は半角ではなく全角にしましょう。

(小見出し)が目次として認識される

(小見出し)が目次として認識されるようになっています。本当にテキストファイルで作れちゃうんですね、感動です。これだけでも充分小説を作ることができますが、もっと細かく設定したければEPUB3::かんたん電子書籍作成を読んで挑戦して見て下さい。

でんでんコンバーターでテキストファイルをEPUB3に変換してみる

でんでんコンバーターさんのホームページです。

http://conv.denshochan.com/

ファイルをアップロード、タイトル、作成者の入力。あとはページ送り方向の設定を決めて変換するだけです。こちらも非常に簡単で、EPUB3形式のファイル作成が可能です。

早速やってみようと思ったらファイルがひとつしかアップロードできない…?と思ったらCtrlを押しながら2個のファイルを選択すればふたつアップロードできるようです。

文中の見出しの作り方は「#」を使って設定

文中の見出しの作り方は「#」を使って設定を行います。「#」の数で見出しの重要度の設定が行えます。早速変換を行ってみましょう。

でんでんコンバーターさんはそのままWeb上でプレビューまで可能

なにこれ凄い…!でんでんコンバーターさんはそのままWeb上でプレビューまで可能でした。無料で使って良いの?ってレベルです。これで充分に小説が書けると思いますが、もっと細かく設定したければサイトをご覧になってみてください。http://conv.denshochan.com/

GenEPUB.comでテキストファイルをEPUBに変換してみる

GenEPUB.com(じぇねぱぶ)さんのホームページです。

http://genepub.com/

こちらもプレーンテキストからEPUBファイルを作成してくれるWebサービスです。

  • EPUB化したいテキストをWeb上で直接入力、貼り付けて変換後ダウンロード
  • EPUB化したいテキストファイルをアップロードして変換後ダウンロード

上記二通りの方法が利用できます。章の見出しなどは記号にするか半角数字にするかなどWeb上で自分の好きなように設定が可能です。

ただし1点注意事項があります。公式サイト上でEPUB3に対応している記載がないので、EPUB3形式で作成したい方は注意してください。

ではこちらも実際に使ってみます。

変換後ダウンロード

まずはテキストファイルに見出しの設定。

アップロードしたら変換ボタン

アップロードしたら変換ボタンを押します。

Web上でプレビューが可能ですが、横書き

Web上でプレビューが可能ですが、横書きしか見ることができませんでした。縦書きには対応していないのかもしれません。

でも横書きも悪くないですね。

スポンサーリンク

まとめ

ひまつぶし雑記帖、でんでんコンバーター、どちらを使ってもテキストファイルをEPUB3形式に保存できるので、好みの方を利用して問題はありません。EPUB3にこだわりがなければGenEPUB.comも視野に入れて良いでしょう。

ただすべてのサイトで見出しの設定のやり方が違うので、どれかひとつメインに覚えた方が良いかもしれませんね。

後は完成したEPUBファイルをダウンロードして、KDPや楽天koboライティングライフでアップロードするだけです。テキストだと本当に気軽に出版が可能です!

以上でテキストを使った簡単なEPUB3作成方法の解説を終わります。

当ブログ記事をまとめたKindle本も出版しています。
興味がある方はぜひ見てください。(価格99円Kindle Unlimitedの方は0円)

テキストだけでも電子書籍を出版するためのEPUB3は作成できます♪ただ表紙画像以外の画像設定ができないので、短編~中編程度の小説作成に向いてますよ♪

自分の作成したい電子書籍の内容に併せて使ってみてね!最後まで読んでくれてありがと!関連記事もどうぞ!

関連記事

Amazon、Kindleで出版する方法。KDP登録、銀行口座、米国源泉徴収税金編

知識ゼロからAmazon(Kindle)KDPと楽天koboで自費出版する方法【保存版】役立つ全11記事

スポンサーリンク


テキストを使って電子書籍を作成して出版する方法