Amazonプライム会員の料金やメリット(特典)を解説!得するおすすめ裏ワザから解約方法まで

Amazonプライム会員の特典解説アイキャッチ画像
スポンサーリンク

今回はAmazonプライム会員の特典内容のほか、メリットやデメリットまで優しく解説して行きたいと思います。

ネット上でAmazonプライムの口コミを調べると『とにかくおすすめ』『お得過ぎる!』『使わないと損』など本当かぁ~??と怪しい評価ばかりでちょっと警戒していました。

実際に使ってみて分かりましたが、これは本当に『お得でコストパフォーマンスが高いおすすめ神サービス』だと確信することが出来ましたね。

メリットだけでなくデメリットも語っていきたいと思いますので、Amazonプライム会員に興味がある方はチェックしてください。

どこよりも優しくAmazonプライム会員の特典13種類とおすすめ活用方法を解説して行きますよ。

会費を安くできるおすすめの裏ワザ方法まで大公開します。解約方法まで説明しますのでぜひご覧になってください。

目次

Amazonプライム会員とは?

スマホを使ってAmazonで買い物する女性

Amazonプライム会員とは大手ネット通販サイト『Amazon』が提供する会員制のサービスです。

『配送無料・動画見放題・音楽聴き放題・書籍読み放題・会員セール・限定サービス』のほか、全部で13種類の特典を受けることができます。

後ほど詳しく説明しますが、これだけのサービスを受けれるのは『Amazon』だけと言っても過言ではありません。

数あるサービスの中で『特典内容』がダントツに多いのは凄いですね。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の料金(値段)

プライム会員の月会費と年会費

プライム料金には月額400円(税込)/年額3900円(税込)』の2種類が存在しており、好きなプランを選択することが可能です。

年会費で支払えば月換算たったの325円なので、年間プランの方がおすすめですね。初回は30日間の無料体験が可能なので、まずは一度使ってから考えても良いと思います。

学生の方には『Prime Student』というプランがあり、Amazonプライムと同じ内容で年会費1,980円と非常に安いです。さらに無料体験が半年間という長期間なので、学生の方であればさらにお得ですよ。

まずは一度『タダ』でAmazonプライム会員を試してみてください。

Amazonプライム会員 特典13選

プライム会員がお得なのはわかったけど詳しく内容を知りたい…そんな方に向けて、13個の特典を優しく解説したいと思います。

1.配送料無料に加えて『お急ぎ便・日時指定便』が無料!

配送される商品

通常の配送料(注文金額2,000円以下の際にかかる送料400円)が無料になるほか、お急ぎ便や日時を指定した配送が無料になります。

『お急ぎ便』は注文する時間が早ければだいたい翌日に届きます。

『日時指定便』では日時を指定して受け取れるのが会社勤めの方に嬉しいですね。時間だけでなく日にちを指定できるのは大きいと思います。

細かな商品でも気軽に頼めるので使い勝手は良いですよ。

2.プライムビデオでアニメ・ドラマ・映画が見放題

プライムビデオの紹介画像

プライムビデオ特典では『映画・ドラマ・アニメ』など様々な作品が見放題になります。登録されている作品は20,000点以上も存在しており、全部見るのが不可能なほど沢山あります。

プライムビデオの作品の一部

プライムビデオ限定作品

  • バチェラー
  • ドキュメンタル
  • 戦闘車
  • 今田x東野のカリギュラ
  • 内村さまぁ~ずSecond…etc

プライムビデオでしか見ることが出来ない作品も存在しています。

プライムビデオに紹介されている作品

一般作品も含めれば20,000点以上あるので、非常にコストパフォーマンスが高いです。プライムビデオに惹かれて会員になった方も多そうですね。

パソコン、スマホアプリ、キンドルタブレット、様々な機種で閲覧が可能です。対象作品であれば追加料金0円で見放題になっています。

3.プライムミュージックで音楽が聴き放題

プライムミュージックの管理画面

プライム会員は100万曲以上の楽曲が聴ける『プライムミュージック』の利用が可能になります。

邦楽・洋楽を中心に『R&B、HIPHOP、ポップス、ロック、ジャズ…etc』と幅広い曲が用意されているほか、あらかじめ用意されている『プレイリスト』や『お客さまにおすすめのプレイリスト』など、すぐに使える機能が満載です。

スマホアプリの『Amazon music』を使って予め楽曲のダウンロードを行っておけばネットに繋がらなくても利用できるのは嬉しいですね。

最新の楽曲は登録されていませんが、人気のヒットナンバーを聴くことができますよ。ラインナップは公式サイトからチェックしてください。

4.プライムラジオが聴き放題

プライムラジオのジャンル

プライムラジオとは『Prime Music』の対象楽曲をジャンル別に楽しむことができるラジオです。

24時間いつでも聴くことが出来るほか、流れている曲に『サムアップ(グッドアイコン)』や『サムダウン(バッドアイコン)』をクリックすることで、あなた好みの楽曲を学習してくれます。

作業用BGMにも便利なのでぜひ使ってみてください。

5.プライムリーディングで本・漫画・雑誌が読み放題

プライムリーディングの紹介画像

プライムリーディングは『小説、ビジネス書、マンガ、雑誌、洋書』など、様々な本が読み放題になるサービスです。

これがメチャクチャお得で、中には最新のビジネス書が含まれていることもあります。プライム会員の会費は年額で契約すれば3900円、月325円の換算なので1冊本を読むだけで元が取れちゃうんですよね。

特集記事にもありますが、本当にお得なサービスになっています。

 

2018年7月20日現在、954冊の本が検索で表示されています。ここまでで『配送料無料・映画見放題・音楽聴き放題・電子書籍読み放題』 とAmazonプライムの充実ぶりが凄いです。

さらに30日間無料体験が可能、気に入らなければ解約できるのも嬉しいですね。好きな『本・マンガ・雑誌』がないかチェックしてみてください。

6.kindleオーナーライブラリーで毎月1冊本が無料で読める

タブレット

Amazonプライム会員は毎月1冊『kindleオーナーライブラリー』で本を無料で読むことが可能です。

ただし、名前にもある通り『kindleオーナー』に対するサービスなので『Kindle端末、あるいはFireタブレット』を持っていない方は利用することができません。ちなみにプライムリーディングはスマホでも読めます。

プライムリーディングより使い勝手が悪いのは残念ですね。600冊以上の本が登録されているので、気になった方はラインナップをチェックしてみてください。

7.会員限定の先行タイムセールやプライムデーに参加が可能

セールで買い込んだ女性

プライム会員になるとタイムセール開催時に、通常会員よりも30分早く参加できます。

また、毎年7月に行われている会員限定の特大セール『プライムデー』の参加も可能です。

セールでは数千以上の商品が対象になるほか、通常時の50%OFFになる商品も珍しくありません。2018年に行われたセールでは過去最高の売上を記録したそうです。

下記はプライムデーのセール時の例ですが…

  • EchoDot 2,980円【50%OFF】
  • FireTV    3,480円【30%OFF】
  • Fire 7   3,280円【45%OFF】
  • Kindle Paperwhite(マンガモデル) 8,980円【41%OFF】

ハッキリ言って有り得ないくらい安いです。

セールを活用すればプライム会員の費用を余裕できますよ。タイムセールは日常的に行われているので、お得に買い物したい方はチェックしてください。

8.プライムフォトで写真の保存も可能

プライムフォトの紹介画像

プライムフォトとはプライム会員向けに用意されている無制限の『フォトストレージサービス』です。

Amazon Driveでは、写真、ファイル、ビデオ、音楽などの安全なクラウドストレージを利用できます。ファイルをクラウドにバックアップすれば、すべてのドキュメントが安全に保管されます。Amazon Drive Home

友人や家族5人まで無制限のフォトストレージを受信できるように招待が行えるほか、スマホ、タブレット、パソコンから写真の表示や共有が可能です。

便利なサービスですが、プライム会員を解約してしまうと、容量制限によってデータが削除される可能性もあるので注意が必要です。使うならプライムフォトの利用規約を読んでおく必要がありますね。

9.Amazonパントリーで食料品や日用品が安くまとめ買いできる

Amazonパントリーの画像

Amazonパントリーとは『食品・日用品』をまとめて購入できるサービスです。

パントリー対象商品が存在しており、手頃な値段で購入が可能です。特にまとめ買いOFF、割引クーポン券などが随時発行されているのがお得ですね。

まとめて購入して指定便で届けるなど、自分のスケジュールに合わせて買い物が出来るのはポイント高いです。

10.Amazonファミリーの定期お得便でおむつが15%OFF

Amazonファミリーの紹介画像

Amazonファミリーは子供の生年月日と性別を登録するだけで、セール情報を受取れるほか『おむつ・おしりふき』が定期オトク便で15%OFFになります。

さらに『くらべるおむつBox』や『粉ミルクお試しクーポン』など、随時お得なキャンペーンを行っており、子供の日用品が安く買えちゃいます。

子供向けの日用品は意外とお金が掛かるので、少しでも節約したい方に超おすすめできるサービスです。

11.1時間以内に商品が届くPrime NOW(プライムナウ)サービス

プライムナウの紹介画像

Prime NOWとは注文した商品を「1時間以内配送」、あるいは「2時間便」を選べる即日配達サービスです。合計金額2,500円以上から注文を行えます。

配送可能な時間は朝8時から深夜0時まで対応しているので、急いで商品が必要な方には嬉しいですね。ただし、対応しているのは『*東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県』など一部の地域のみになります。*2018/7/20時点

1時間以内配送は890円の配送料、2時間便は無料で利用が可能です。

12.Amazonフレッシュで生鮮食品が買える

Amazonフレッシュの対応商品

Amazonフレッシュとは野菜、果物、お肉のほか、『生鮮を含めた食品』の購入が可能なサービスです。

生鮮食品に関しては徹底した温度管理を行っており、安心して注文できるのが嬉しいですね。こちらも朝8時から深夜0時まで対応しています。

初回利用者にはお試しクーポンの配布、お試し品コーナーなどお得なキャンペーンを実施しています。一部エリアのみ対応なので、気になった方は配送の対象かチェックしてみてください。

13.Amazonダッシュボタンに対応

Amazonダッシュの製品

Amazonダッシュボタンとは『専用の端末』を押すだけで即注文を行ってくれるデバイス機器です。お気に入りの商品をワンタッチで注文できるのが便利ですね。

イタズラ防止対策に商品が届くまで1度しか注文を受け付けないなど、考えられる対策を行っているのも凄いです。

ボタンの価格は500円になっており、初回購入時に500円分のキャッシュバックを受取れるので実質無料です。どちらかと言えば一般の家庭より企業向けな感じはあります。

新しいモノが好きな方は試してみても良さそうですね。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員のメリットとデメリット

改めてプライム会員のメリットとデメリットに関してまとめてみます。

🌠プライム会員のメリット

  1. 配送料無料『お急ぎ便・日時指定便』無料
  2. プライムビデオでアニメ・ドラマ・映画見放題
  3. プライムミュージックで音楽聴き放題
  4. プライムラジオ聴き放題
  5. プライムリーディングで電子書籍が読み放題
  6. kindleオーナーライブラリーで毎月1冊本が無料
  7. 会員限定の先行タイムセール・プライムデーに参加が可能
  8. プライムフォトで写真の保存
  9. Amazonパントリーで食料品や日用品まとめ買い
  10. Amazonファミリーで子供関連商品が割引
  11. 1時間以内に商品が届くPrime NOW(プライムナウ)
  12. 生鮮食品が買えるAmazonフレッシュ
  13. Amazonダッシュボタン

配送料が無料になるので手軽に注文が可能。ビデオも見放題、音楽も聴ける、電子書籍読み放題、さらにセールへ参加ができます。次はデメリットに関してです。

🌠プライム会員のデメリット

  1. 月会費400円(税込)、あるいは年会費3,900円(税込)が必要
  2. 他は特になし

デメリットは会費が掛かることです。Amazonで買い物しない人、動画・音楽・電子書籍に興味がない、タイムセールに参加しない人にはおすすめできません。

以上がメリットとデメリットになります。

改めてみると本当に半端ないサービスですね…。 初回30日間の無料体験が可能なので、気に入らなければ途中解約すれば1円も掛からないのが嬉しいです。

さらに学生の方なら半年間も無料体験が可能になっていますよ。

本当にメチャクチャお得なサービスなので、ぜひ一度試してみてください!

知らないと損!Amazonプライム会員の料金割引方法やお得な裏ワザ

ここでは知っていると得をする豆知識の解説を行っていきたいと思います。ぜひ覚えて実践してみてください。

Amazonのギフト券を使ってプライム会員の料金を支払う

Amazonギフト券の説明画像

プライム会員の月額費・年会費はチャージしているAmazonポイントで支払いが可能です。

Amazonギフト券をチャージする際、プライム会員だとポイントにボーナスが付きます。

注文前にプライム会員であること(無料体験者を含むAmazonプライム、Amazonファミリー会員、Amazon Student会員の方 ※家族会員は対象外)Amazon.co.jp: Amazonチャージ

無料体験中の会員も含まれるのは嬉しいですね。最大で2.5%のポイントが貯まるので、通常よりもお得に会費を支払うことができます。

私もAmazonの年会費はギフトチャージして支払っています。覚えておいて損しないテクニックなのでぜひ使ってみてくださいね。

Amazon家族会員で同居の家族二人まで無料

同居の家族を対象に2人まで無料で『Amazon家族会員』になることが可能です。

一部制限があり、利用できる特典は6つになります。

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ(プライム会員ご本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用可能に)

家族会員の追加は会員ご本人の管理画面から登録案内を送ることができますよ。

ビデオ、ミュージック、リーディングの利用ができないのは残念ですが、同じ端末を家族と一緒に共有して楽しむ分には良さそうですね。

学生必見!Amazon Prime Studentなら半額で利用が可能

Amazon Studentの紹介画像

Prime Studentとは学生(日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生(高等学校は不可))を対象にしたプライム会員サービスです。

現役の学生であれば『月額200円/年間1,900円』という格安の値段で利用が可能です。さらに無料体験期間が6カ月間と言う凄まじいサービスになっています。

手間が掛かりそうという理由で、学生なのに通常の会員として登録する方が居ます。これはメチャクチャもったいないです。

特に『文房具、ノートが20%OFF』になるのは『Prime Student』だけの特典です。せっかく割引を受けられるので、学生の方は間違いのないように『Prime Student』を利用してくださいね。

無料期間が過ぎても使ってなければ返金に対応してくれる

『Amazonプライムの無料体験を解約し忘れて有料になってしまった…』

それでも使ってなければ大丈夫です。

有料移行後にプライムサービスを利用していなければ、カスタマーサービスに連絡を行うことで返金対応をしてくれます。

Amazonの『ヘルプ』⇒『カスタマーサービスに連絡』へ移動するだけなのでわかりやすいですね。本当に利用者のことを大切にしているサービスだなぁと感心します。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の登録方法と情報管理

Amazonプライムの会員登録方法は簡単です。

公式サイトから『30日間の無料体験を試す』をクリック、サインイン後に住所の登録や支払い方法を入力するだけで完了します。

数分ですべてのプライムサービスが受けられるようになりますよ。

Amazonプライム会員の月額費・年会費の支払い方法

会員プランの設定画面

サインイン後に『アカウントサービス』⇒『プライム』をクリックします。

現在の支払い方法から『クレジットカード』、あるいは『Amazonポイント・Amazonギフト券』や『携帯決済』を選択することが可能です。

ここから会員プランの変更を行うことができます。期間が終了する3日前にメールでお知らせを受取る設定も行えるのは便利ですね。

Amazonプライム会員の解約方法

Amazonプライムの解約設定の画面

Amazonプライムの解約方法に関しても説明しておきます。解約方法はとても簡単です。

サインイン後に『アカウントサービス』⇒『プライム』をクリックします。

プライム会員解約の確認画面

無駄な引き留めがないのでクリックするだけで解約が進んでいきます。入会から解約まですべて簡単なのは嬉しいですね。

ほかのサービスと比較しても非常に親切です。最後まで進めれば解約の手続きは完了ですよ。

Amazonプライム会員のまとめ

今回はAmazonプライム会員13個の特典内容、メリット・デメリットに加えて、知っていると得をする裏技まで解説させていただきました。

1800万点以上の商品が『お急ぎ・指定便』無料、対象の映画やドラマが見放題、100万曲以上聴き放題、電子書籍読み放題…etc

これがたった月額400円、年契約で月換算すれば325円で利用できます。学生の方ならさらに半額です。

まずは初回の無料体験を試してみてくださいね。

Amazonプライム会員は本当におすすめです。ぜひ特典を有効に活用してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。Amazonサービスに関連する記事もどうぞ。

スポンサーリンク

最新スマホゲームおすすめ

Amazonプライム会員の特典解説アイキャッチ画像