»【神ゲー】超面白いスマホゲームおすすめ無料ランキング2021

自分の写真が使える塗り絵アプリ3選【Android&iPhone】

塗り絵アプリ記事のアイキャッチ画像

どうも! 天狗宇です!

今回は自分の写真や画像を使って塗り絵が楽しめる「塗り絵アプリ」をご紹介していきたいと思います。

通常の塗り絵は紙と筆が必要になりますが、アプリを使えばカンタンにスマホで塗り絵を楽しむことができますよ。様々な色を試せるので夢中になること間違いなしです。

「良い写真が撮れたから何かに使いたい」、「塗り絵を楽しむなら自分の写真やイラスト絵が良い」という方にも向いていますね。

自分の写真で塗り絵アプリを楽しみたい方は是非チェックしてください。

AndroidとiPhoneに対応している塗り絵アプリをレビューと共にお届けします。

自分の写真(画像)塗り絵アプリ3選【Android&iPhone対応】

1.無料で遊べる塗り絵アプリ『メディバン ぬりえ』

メディバン ぬりえの紹介画像

100万ダウンロード数を誇る人気の塗り絵アプリ!

「メディバンペイントシリーズ」のスマホアプリ。

バケツとブラシ操作だけで塗り絵を楽しめるところがGood。白紙からキャンバスを作ったり、カメラで撮影した画像を使用することが可能なほか、スマホに保存してある画像を選んで塗り絵を作ることもできますよ。

線の太さを調整するのが簡単なことに加えて、後から自分で線の書き足しも可能になっています。イラストを写真に撮って塗り絵を楽しみたい方には嬉しい機能ですね。

イラストレーターさんの絵も用意されており、塗り絵だけ楽しみたい方にもおすすめできます。一通りの機能が揃っているにも関わらず無料で使えるところが素晴らしいです。

メディバン ぬりえで自分の写真・画像で塗り絵をしている様子

©メディバン ぬりえ MediBang inc.

インターフェイスが分かりやすいところもポイント。用意されているメニューを選ぶだけで始められます。

つくるメニュー
  • 白紙のキャンバスをでつくる
  • カメラで撮影してつくる
  • 画像を選んでつくる

ゼロからイラストを描いても良し、カメラで好きな被写体を撮影して使っても良し、イラストレーターさんの画像を選んで塗り絵を行うのも良しですね。

完成後はスマホに保存が可能なほか、SNSにシェアすることもできます。保存した塗り絵を誰かに見せたり、SNSのアイコンにして楽しみましょう。

自分の写真や画像を使えるおすすめの塗り絵アプリです。

Coloring Point!!
  • 無料で遊べる塗り絵アプリ
  • 自分の写真・イラスト絵の使用が可能
  • イラストレーターが描いたイラストに塗り絵も可能

メディバン ぬりえ - 無料で遊べる塗り絵アプリ

メディバン ぬりえ – 無料で遊べる塗り絵アプリ

©MediBang inc.無料

2.大人のための塗り絵帳『私塗り絵本』

私塗り絵本の紹介画像

多彩なイラストが用意されている高機能塗り絵アプリ!

細かな機能が搭載されているスマホ向け塗り絵アプリです。

動物、風景、植物、食べ物のほか、様々なデザインが用意されています。用意されている画像を使えるのはもちろん、メニューにある「作成する」から「画像をインポートする」を選ぶと自分の写真で塗り絵を楽しめますよ。

塗りつぶしツールではワンタップで色を変えることが可能なほか、ピンチズーム機能に対応しており細かな部分もチェックできますね。アプリ内にバナー広告が付いていますが、邪魔にならないので気にせず使えます。

広告を消したい方は有料会員がおすすめ。初回起動時に「無制限永久会員(1,299円/1回)」と「無料でお試し(終了後自動的に480円/月)」の「プレミアム移行」が表示されますが、画面左上にある✕(バツ)を押して閉じれば無料で使用することが可能です。

私塗り絵本で実際に自分の写真を取り込み、塗り絵を行っている様子

©私塗り絵本 Apalon Apps

無料で試したい方は「無制限永久会員」と「無料でお試し」を選ばず、「✕」を押して画面を閉じてください。機能は豊富なので気に入ったら有料を考えても良いですね。

自分の写真を細かくチェックしたい方、スマホで本格的な塗り絵を楽しみたい方に向いている塗り絵アプリです。

Coloring Point!!
  • 多機能なスマホ向け塗り絵アプリ
  • アプリ内には有料会員も存在
  • 自分の画像で塗り絵を楽しみたい方に

私塗り絵本 - 大人のための塗り絵帳

私塗り絵本 – 大人のための塗り絵帳

©Apalon Apps無料

3.無料の大人のための塗り絵本『Recolor』

Recolorの紹介画像

英語が分かる人向けの海外製塗り絵アプリ!

質感のあるイラストで塗り絵が楽しめるスマホアプリです。

海外製なので「洋風のイラスト」がたくさん用意されているところに惹かれますね。当然、スマホに保存してある自分の写真を塗り絵に使うことも可能ですよ。

自分の画像を使いたい場合、画面下にあるメニューの中から『My Works』をタップ後、『Imported』を選んで『+』を押します。

画像はプレミアム会員しか取り込めませんが、広告動画を見ると取り込むことができます。画像を選ぶ際に『Select Style』の項目でオリジナル、ライト、ダークのほか、様々な特殊効果を適用することが可能です。

完成した画像にシャドウやウォール風など、色んな加工を行えるところもポイントですね。ただし、一部の効果は有料のプレミアム会員のみなので注意が必要です。

Recolor塗り絵アプリで自分の写真を取り込んでいる様子

©Recolor – 無料の大人のための塗り絵本・ページ

作成した画像はギャラリーへ保存が可能なほか、SNSへ共有することもできます。ギャラリーに保存する場合、FacebookかGoogleアカウントへの紐付け、あるいはEメールアドレスの登録が必要なので覚えておきましょう。

使用する上で注意したいのが「プレミアム移行」の勧誘表示です。無料で使いたい場合、変なボタンを押さずに✕(バツ)を押して画面を閉じるか、「スマホの戻る」ボタンを押して消すようにしてください。

動画広告を見るのは手間になりますが、有料のプレミアム会員は1年7,900円、1ヶ月1、740円と高めです。まず試してみたいという方は、無料のまま使ってみた方が良いと思いますね。

洋風のイラストが好きな方、自分の写真に特殊効果を使いたいにおすすめの塗り絵アプリです。

Coloring Point!!
  • 洋風の華やかなイラストが収録
  • 自分の写真を塗り絵アプリに取り込める
  • プレミアム会員の価格は高め

Recolor: お気に入りの塗り絵アプリ

Recolor: お気に入りの塗り絵アプリ

©Sumoing Ltd無料

自分の写真(画像)塗り絵アプリのまとめ

以上、自分の写真や画像が使える「塗り絵アプリ」をまとめてお届けしました!

どのアプリもクオリティが高くて楽しめる内容になっていましたね。塗り絵アプリはたくさん存在しますが、自分の写真や画像を使える塗り絵アプリは少なくて貴重ですよ。

完全無料で楽しむなら『メディバン ぬりえ』、買い切りの有料なら『私塗り絵本』、海外製の有料が良い方は『Recolor』ですね。まずは自分にあいそうなアプリを試してみてください。

スマホで手軽に塗り絵を楽しみましょう。

おすすめのアプリ記事もあわせてどうぞ。