バーテンダー漫画の面白いおすすめランキング11選【ウンチクやレシピ掲載コミックも】

バーテンダー漫画のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

LIFE LOGSです。

今回はバーテンダーが主役で活躍する『バーテンダー漫画』のおすすめコミックを独自ランキング形式でお届けしたいと思います。

BARを中心に描かれる人間ドラマ作品、バーテンダーに関するウンチク知識が学べる作品のほか、レシピが掲載されている漫画など幅広くご紹介していきます。

面白いバーテンダー漫画を厳選してご紹介しますので、興味がある方はぜひチェックしてください。

現在連載中のバーテンダー漫画、2000年以降に完結した漫画、過去の名作までおすすめ11冊をお届けいたします。

2000年以降に完結・連載中のバーテンダー漫画ランキング8

1.まどろみバーメイド ~3巻

まどろみバーメイド1巻の表紙

カクテルに携わる女性バーテンダー・バーメイドたちが織り成す物語

様々な場所で屋台バーを開く女性バーテンダー・雪を中心に描かれる名作。

基本的には雪を主軸にお客さんとのやり取りや出来事が描かれます。ほかにも同棲している女性バーテンダー・騎帆(きほ)・日代子(ひよこ)の出番が多い話も存在しており、女性バーメイドたちの活躍を楽しむことができますね。

無茶振りに対して高度なテクニックで納得させる雪の仕事っぷりや、お酒を作る描写がとてもカッコ良い作品です。丁寧で質感がありながらも、透明感を感じさせる魅力的な絵が素晴らしいバーテンダー漫画ですよ。

登場人物に魅力があり、話の流れも上手くて面白いです。

カクテルを作るバーテンダー・雪

出典:まどろみバーメイド 早川パオ 芳文社

個人的にも大好きなイチオシおすすめ作品です。絵柄と魅せ方が上手いバーテンダー漫画の新作、ぜひチェックしてみてください。

2.バーテンダー 全21巻(続編あり)

バーテンダー1巻の表紙

「神のグラス」と呼ばれるバーテンダー・佐々倉溜が活躍する!

主人公の佐々倉溜(ささくらりゅう)は単身でフランスへ渡り、カクテルコンテストに優勝した過去を持つ優れたバーテンダー。

彼の作るカクテルは『神のグラス』と呼ばれるほどの味を誇っており、業界では名の知れた人物として通ります。漫画は彼を主軸に、来店するお客さんやバーテンダーのエピソードなどが描かれていきますよ。

人間模様だけでなくお酒にまつわるエピソードが描かれるのも面白いです。『バーテンダー=優しい止まり木』という意味だと語る溜がイケメン過ぎますね。

バーテンダーの名言

出典:バーテンダー 城アラキ,長友健篩 集英社

2006年アニメ化、2011年にはテレビドラマ化も行われているバーテンダー漫画の名作です。主人公が異なる続刊も存在していますので、本作を読んだことがあるかたは続編もどうぞ。

まだ読んだことがない方は、まずは本作品から読み始めるのがおすすめです。

3.お酒は夫婦になってから ~10巻

お酒は夫婦になってから1巻の表紙

主人公はキャリアウーマン・旦那は元バーテンダー!ラブラブ夫婦のお酒が美味しい日常漫画!

仕事をバリバリこなす美人主任・水沢千里。

寡黙に仕事を行う彼女は『お堅い人』と思われていますが、実はプライベートではお酒が大好きで、酔っぱらうと可愛い性格に豹変します。

表ではお酒を飲まない千里ですが、元バーテンダーの旦那さんが作るお酒は断れず『美味しそう&幸せそう』に飲み干します。無口な様子から一辺して、旦那さんに甘える様子が可愛いですね。

漫画の中に出て来るお酒はレシピも掲載されており、真似して作ることも可能になっています。

梅スプレッドの作り方と飲み干す千里

出典:お酒は夫婦になってから クリスタルな洋介 小学館

話の最期に作り方を細かく解説してくれているのも嬉しいです。お酒を絡ませつつラブコメ要素も取り入れており、楽しく読める旦那が元バーテンダーの漫画です。

4.北のライオン 全4巻

北のライオン1巻の表紙

男らしく人間として魅力の深いバーテンダー・Mr.ライオンが今日もお店を開店する

スコットランド人のライオンは愛する妻・恵子(けいこ)を病気で亡くしてしまう。

その後、恵子の夢だったバーを開くため単身で日本にやって来ます。自分の愛した女性を育んだ国で、言葉もままならないまま一生懸命にお店を運営していきます。

一見強面な彼ですが、その技術とお客さんへの気遣いは超一流。善き人のために『スコッチ・バー』を運営していくという人間ドラマ&バーテンダー漫画になっています。

結婚するカップルにカクテルを作る主人公

出典:北のライオン わたせせいぞう 講談社

漫画はオールカラーで描かれており、人間味を感じる作風になっていますよ。渋い作品や大人向けの内容を好む方におすすめしたい作品です。

5.カクテル 全3巻

カクテル1巻の表紙

田舎のラーメン屋の孫娘が世界のトップバーテンダーを目指す!

酒へのこだわりが原因で左遷されてしまった銀行員・鷲尾。

商店街の立ち退きを担当していた彼は、訪問先のラーメン屋でバーテンダーとして一流の腕を持つ少女・ヒカルと出会う。彼女の腕に惚れた鷲尾は『ヒカルの才能が店や商店街を救う』と信じ込むことに。

カクテルコンペの世界一を目指して奮闘するヒカルの姿や、それを支える魅力的な人物が登場します。老舗のバーでの修行を通してカクテルのウンチクを描いていたり、お酒への理解を深めることができますね。

銀行員にモヒートを作る主人公

出典:カクテル 城アラキ,花門初海 集英社

ヒカルの成長が描かれつつ話も盛り上がりますが、『第一部』という形で完結しており続編は存在していません。続きを描いて欲しいなと思うバーテンダー漫画です。

6.私をBARに連れてって! 全1巻

私をBARに連れてって!の表紙

日本バーテンダー協会が協力制作!まんがで分かるBAR漫画!

主人公のOLが初めてバーに訪れて、様々な知識を身につけていく『バー入門漫画』。

堅苦しくない説明で読みやすく『バーに行きたいけど敷居が高そう…』と不安な方におすすめしたい一冊です。知識ゼロの主人公が少しずつ学んでいく様子が面白く読めますよ。

『バーでビールを頼むのはダメ? 何かルールがある?』こういった疑問も解けると思います。知識がなくてもバーは楽しめますが『私をBARに連れてって!』を読んでから飲みに行くと一層楽しめますね。

初めてBARに入り感動する主人公

出典:私をBARに連れてって! 大谷じろう,協力日本バーテンダー協会 小学館

制作には『日本バーテンダー協会』が協力しています。漫画でBARの世界を知りたい方におすすめです。

7.炎のバーテンダー 全4巻

炎のバーテンダー1巻の表紙

炎のような熱い思いを秘めたバーテンダー・城島炎がBARの世界で活躍する!

友達の誕生日祝いでホストクラブに訪れた石丸涼子。

盛り上がる周囲とは裏腹に面白くなく、お酒の扱いも適当なホストにイライラしてしまう。そんな中、唯一お酒を完璧に扱っていた男性・城島炎と出会う。

「お酒を楽しみたいならこんな所へ来るな」と言われ、炎のことが気になり出した涼子。後日、自分の勤めているホテルのBAR・ルレーヴに行くと新入りバーテンダーとして城島炎が現れます。

炎のバーテンダー・主役の2人が出逢うシーン

出典:炎のバーテンダー モリ淳史 芳文社

バーテンダーとしては未熟な涼子の成長と、お酒への熱い思いを抱いた城島炎が活躍するバーテンダー漫画になっています。クールに見えて熱い男・城島炎の活躍が面白い作品ですね。

8.銀座の番ねこ 全3巻

銀座の番ねこ1巻の表紙

元指名ナンバー1のキャバ嬢と元チーフバーテンダーが銀座でお店を経営するバーテンダー漫画!

いつも自分を指名していたお客の拓也と一緒に、銀座でカクテル・バーの運営を約束していたミケ。

全財産250万円を預けたミケは、約束通りキャバクラを辞めてオープン予定のお店へ向かいます。現地に着くと終わっているはずの内装が行われておらず、同じくバーの店長になるという元チーフバーテンダーの『雨宮翔子』が現れます。

翔子も250万円を支払っており『このお店は私のだ』と主張して譲りません。序盤は対照的な二人の揉めっぷりが面白いです。

喧嘩をする女性バーテンダーの2人

出典:銀座の番ねこ 高梨みどり Beaglee

行く当てのない二人は、結果的に共同でBARを経営していくことになります。凸凹コンビが織り成す面白いバーテンダー漫画になっていますよ。

こちらはAmazonの読み放題サービスの*対象作品になっているので、気になった方はぜひチェックしてください。*執筆時点

スポンサーリンク

1980年~1999年までの名作バーテンダー漫画ランキング3選

1.Barレモン・ハート 全33巻

Barレモン・ハート1巻の表紙

バーテンダー漫画の元祖!BARレモン・ハートの名人マスターがお客をもてなしていく!

ベテランの漫画家である古谷三敏氏が贈るバーテンダー作品。

来店するお客さんたちを相手に、名人マスターがもてなしを行います。

1980年代に連載が開始されたものなので、作風や世界観は古めですが、お酒に関するウンチクや人生模様などを描いており、その分大人向けの落ち着いた作品になっていますね。

お店の様子を主軸に話が描かれるのも良いです。お酒コミックスの元祖とも言える漫画なので、古き良き作品を読みたい方におすすめのバーテンダー漫画です。

2.BAR来夢来人 全9巻

BAR来夢来人1巻の表紙

魔法のカクテルを作り出す女性バーテンダー・沙羅が来客の人生を変えていく!

ほとんどの人間がその存在に気付かず通り過ぎてしまう「BAR・来夢来人」

来店した客の過去を見抜き、その相手に相応しい『不思議なカクテル』を提供する沙羅を主軸に物語が描かれます。過去を変えたい会社員、結婚詐欺にあった女性、家庭環境に悩む父親など、様々な闇を抱えた人物が来店してきますよ。

彼らは『不思議なカクテル』を飲み人生と再び向き合うことになるのですが、良い結末を迎えるか破滅を迎えるかは本人次第という流れになっています。

正統派のバーテンダー漫画とはまた異なる魅力があり、読んでいて惹き込まれる作品ですね。

不思議なカクテルを勧める沙羅

出典:BAR来夢来人 池田文春 集英社

BARを舞台にした『世にも奇妙な物語』といった表現が近いかもしれません。レビューは低いようですが、個人的には面白いと思う良作です。

3.ラストオーダー 全3巻

ラストオーダーの表紙

悩めるお客に合わせて最高のカクテルを提供する人間ドラマ&正統派バー漫画

主人公である新米バーテンダー・大西洋(おおにしひろし)と来店するお客さんのやり取りを描いた作品。

様々な人生の悩みを抱えた人物が来店、その胸の内を明かしていきます。イギリスのバーテンダーの格言『自殺をする前に人が最後に話をしに行くのはバーテンである』という描写から始まるのですが、まさに本作『ラストオーダー』の内容を表していますね。

悩める人間模様を描いており、正統派&人間ドラマ作品になっています。

イギリスのバーテンダーに関する格言

出典:ラストオーダー 前川つかさ 講談社

落ち着いた作品を読みたい方におすすめできる人情味あふれるバーテンダー漫画です。

バーテンダー漫画の面白いおすすめ作品まとめ

今回はおすすめのバーテンダー漫画を年代別にまとめてお届け致しました。

お客に寄り添うバーテンの姿、人間の悩みを描いたドラマ、正統派とはまた異なる魅力を持った作品など、バーテンダー漫画の種類も様々です。

ぜひ気になったものから手に取ってみてくださいね。

あなた好みのバーテンダー漫画が見つかったら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。水商売に関連する漫画記事もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

最新スマホゲームおすすめ

バーテンダー漫画のアイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。