キャタピラーの漫画感想と全巻無料で読めるアプリを紹介

キャタピラーの紹介画像
スポンサーリンク

LIFE LOGSです。

今回はキャタピラーの漫画感想と全巻無料で読めるアプリをご紹介したいと思います。

『キャタピラー -CATERPILLAR-』は『アラクニド』に登場する人物『芋蟲(イモムシ)の井上美樹(いのうえみき)』を主人公にしたスピンオフ漫画です。

作画を担当している方は『アラクニド』と異なりますが、原案は同じ村田真哉先生が担当している他、匣咲いすか(第1話~第28話)先生と速水時貞(第29話より)先生が漫画を描いています。

時系列は『アラクニド』より少し前から始まり、終盤は原作に追いつく形で終わります。エログロ要素が若干入っているほか、アラクニドと同様に熱い戦闘バトルが描かれますよ。

現在キャタピラーはスクウェア・エニックスの漫画アプリ『*マンガUP!』にて配信が行われています。*執筆時点

無料でキャタピラーを読みたい方は今すぐマンガUPをダウンロード。キャタピラーの魅力を知りたい方はこのままレビューをご覧ください。

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
開発元:SQUARE ENIX INC
無料

↓お得に漫画を読みたい方はこちらの関連記事もどうぞ↓

キャタピラー漫画のあらすじ

ルールに拘り女性を見逃す芋蟲

出典:キャタピラー 女性を見逃す芋蟲

原作にあたるアラクニドの1年前。

芋蟲(イモムシ)の井上美樹(いのうえみき)は、組織に仇をなす者を始末する殺し屋として活躍しており、この頃から『狙った獲物以外には手を出さない』ポリシーを貫いています。

その様子を『蝶の仮面』を付けた謎の女性が映像で監視しており、『姉の様に殺してあげる』とつぶやきます。謎の女性は組織の中で高い実力を持つ殺し屋『針蟻(パラポネラ)』に命令を行い、芋蟲の仕事場へ先回りするよう指示し襲わせます。

芋蟲はこれを何とか撃退するのですが、この出来事を機に自分の命を狙う『鳳蝶(アゲハ)』の存在を知るようになり、彼女と戦う決意を固める…というストーリーです。

そして一度は倒した『針蟻』も死んでおらず、復讐を誓って潜伏しており芋蟲の命を狙います。迫力ある描写とともに色濃い戦いが描かれていくのが面白いですね。

命を賭ける発言をする華蟷螂

出典:キャタピラー 命を賭けると発言する華蟷螂

見た目はゴスロリ少女の男の子『華蟷螂(ハナカマキリ)』も登場し、芋蟲のパートナとして彼女に寄り添いながら戦っていくのも良いです。キャタピラーだけでも楽しめる作品ですが、前作のアラクニドを読んでおいたほうが絶対に面白いのであわせて読んで欲しいです。

原作をまだ読んだことがない方はこちらのレビュー記事もどうぞ!

スポンサーリンク

キャタピラーの序盤ネタバレ!姉の関係性や潜む謎が面白い(内容に若干エログロあり)

姉の前で泣き崩れる芋蟲

出典:キャタピラー 姉の前で泣き崩れる芋蟲

養護施設に居た芋蟲は、常に周りの人間と喧嘩を行っていた問題児でした。

自分は喧嘩が強いから姉を守れていると思っていた芋蟲ですが、ある日虐待を受けたまま殺されてしまう姉の姿を目撃してしまいます。

姉を守っていたつもりが実際は守られていた事実を知った芋蟲は、激情にかられて養護施設の人間を皆殺しにしてしまいます。

その後、組織のスズメバチに引き取られたあとも『自分が姉を殺したようなもの』と心の奥底で思うようになり、過去を引きずりながら生きるようになります。

そして自分の過去と対峙するため、姉の存在を知る謎の人物『鳳蝶』の挑発に乗り、パートナーである『華蟷螂(ハナカマキリ)』と共に戦いの場である船上へ赴いていきます。

芋蟲の本音や思いが描かれていくほか、それに寄り添うパートナーの華蟷螂が非常に可愛くて萌えましたね。「鳳蝶」の正体が徐々に明らかになっていく物語の流れも良かったです。

バトル、心理描写、エログロ、そして芋蟲と華蟷螂の距離感が魅力的な作品ですよ。

終盤は原作であるアラクニドと少しだけリンクするのも熱い

終盤はアラクニド内の話とリンクするシーンがあり、藤井有栖と美樹がプール場で絡んだ後、巨針蟻(ディノポネラ)と戦闘シーンの一部が描かれます。

パンデミックの裏で起きていた出来事を知れるのは面白いですね。また、後で気付いたのですが、実はアラクニド内でも『華蟷螂』の名前だけは出ています。

これも最初から全部『筋書き通り』なのかな~って思うとストーリーが練られているのが分かります。読み進めると『こういう形で繋がってたのか~!』と楽しめる内容になっていますよ。

スポンサーリンク

熱いバトル描写だけでなく芋蟲と華蟷螂が『結ばれそうで結ばれない関係性』も尊い

芋蟲に告白する華蟷螂

出典:キャタピラー 芋蟲にキレイだと告白する華蟷螂

キャタピラーには様々な名シーンがあります。

芋蟲の『原因は自分にある』や『一切他者に委ねるな』と言った漢らしい発言シーンが超カッコ良くて痺れますよ。そしてセリフや戦闘シーンだけでなく尊いと思ったのが『芋蟲と華蟷螂の決戦前夜のやり取り』です。

芋蟲が『私なんて女としての魅力がない』と言うのですが、それに対して華蟷螂は『ものすごくキレイな人だと思います』と返します。モジモジしながら素敵な女性だと語る彼の姿に、芋蟲は欲情してしまいます(笑)

華蟷螂を襲おうとする芋蟲

出典:キャタピラー 華蟷螂を襲おうとする芋蟲

『もう辛坊たまらん!やらせろ!』という彼女に対して『もし生きて帰ってこれたら』と返す華蟷螂。一般的な立場と真逆になっており、この流れが笑えることに加えて超ニヤニヤできます。

クスッと笑えるオチなので、気になった方は是非アプリで読んで欲しいですね。

キャタピラーの漫画を全巻無料で読む方法

マンガUPの紹介画像

キャタピラーの漫画を全巻無料で読めるアプリがあります。

スクウェア・エニックスの漫画アプリ『マンガUP』で全話配信されており、無料で読むことが可能になっています。ただし、毎日配布される無料のポイント4話分+広告4回で合計8話分になりますね。

一度に全部読むと疲れるので毎日8話も読めれば充分ですよ。キャタピラーの漫画が全巻無料で読めるだけでなくアラクニドも読めるのでぜひチェックしてください!*執筆時点の情報です。最新の配信状況はアプリでご確認ください。

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
スポンサーリンク

キャタピラーの感想と無料で読めるアプリ紹介のまとめ

今回はキャタピラーの漫画感想と全巻無料で読めちゃうアプリを紹介させていただきました!

スピンオフということもあり、評価が低いレビューもあるようですが、私的には『名作』と言い切れるくらい面白かったです。アラクニドの世界観を引き継ぎながら本編とリンクするのが最高に良かったですね。

できることなら次の作品も読みたいのですが、話の内容的にこれで完結と思って間違いないでしょう。また読み返したくなるオススメ漫画です。

原作のアラクニドを気に入ったらあわせて手に取って欲しいです。全話配信されているうちにチェックしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。漫画に関連する記事もどうぞ。

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
スポンサーリンク

キャタピラーの紹介画像