SJÖ腕時計の感想レビュー!更に洗練されたLagom Watchesの新作を紹介

SJOの腕時計画像
スポンサーリンク

LIFE LOGSの天狗宇です!

今回は『Lagom Watches』の新作腕時計『SJÖ』モデルの感想レビューをお届けしたいと思います。

Lagom Watchesはダニエル・ハンソン氏が手掛ける腕時計ブランドのことです。シンプルの中に美しさと個性を感じさせるブランドになっており、高品質な見た目に加えて値段が安い点も魅力ですね。

前回のレビュー記事にも書きましたが、初期デザインの『BÖRJA』は僅か2万円台という安さにも関わらず非常に魅力的な腕時計でした。

この記事では新しいモデルである『SJÖ』のレビューをお届けしますので、コストパフォーマンスの高いシンプルな腕時計を探している方は是非チェックしてくださいね。

たくさんの画像付きで感想をお届けしますよ。

↓公式サイトはこちら↓

SJÖ商品の内容と見た目をチェック

SJÖ腕時計の外箱

sjo腕時計の箱

まずはSJOの腕時計が入っている箱をチェック!

腕時計の箱は『BÖRJA』と同じような仕様になっており、マグネットでパコッと止まるようになっています。紙製ですが個性を感じさせる作りが良いですね。

sjoの開封後

箱には説明書のような紙が入っていますが、特別に読まなくても十分使えます。

基本的に腕時計の時間を合わせること、ベルトの取り外しを自分で行うくらいです。時間の合わせ方は通常の時計と同じくネジを回して調整するだけ。後ほど説明しますが、ベルトもワンタッチで取り付けられるのでカンタンですよ。

箱に詰められている時計盤とベルト

箱に詰められている腕時計が『Lagom Watches』らしさを感じさせますね。普通の腕時計と異なり、場所を取らないところも高評価のポイントだと思います。

SJÖ腕時計の文字盤・ベルトを隈なくチェック

sjoの文字盤

次はSJÖの文字盤と秒針をチェック!

シンプルな印象を与えつつも『秒針』に細かなデザインが入っており、デザイナーの遊び心を感じます。ジャンルで言うとパイロットウォッチを感じさせますが、ゴチャゴチャした印象を与えないところが魅力ですね。

SJÖの裏蓋

裏蓋にはしっかりと『Lagom Watches』のロゴが刻まれています。しっかりと厚みを感じさせてくれるので、2万円で買えるとは思えないほどの質感を誇っていますよ。

SJÖの横幅

横から見た方が細かなデザインが伝わると思うのでパシャリ。

今回レビューを行っている型番は『LW001 ゴールド.オフホワイト.ブラック』ですが、この落ち着いた色合が独特の個性を感じさせてくれるポイントになっています。

色のタイプは11種類もあるので、あなた好みの腕時計が見つかること間違いなしです。『BÖRJA』とはまた異なる個性がありますね。

デザインを全面に出しすぎず、モデルごとに違う魅力を感じる腕時計になっていますよ。

SJÖ腕時計のベルトの付け方は『BÖRJA』と同じ

SJÖの取り付け方

Lagom Watchesの腕時計はカンタンにベルトを取り外せます。

留め方や外し方はベルトにある『ピン』のようなものを引っ張って、押さえながら差し込むだけです。ハマったら後は指を離すだけで完了ですよ。

SJÖの留め金のアップ

間近で写真を撮ると上記のような感じです。

他の色のベルトを購入すれば、その日の気分に合わせて変えられるのが嬉しいですね。付け替えて楽しめばコストを下げてオシャレができますよ。

スポンサーリンク

SJÖデザインの特徴・時計盤の魅力に関して

SJÖ腕時計を実際に見に付けている写真

実際にSJÖの腕時計を身に着けてみました。前のモデルよりもデザインの細かさを感じますね。

SJO腕時計の斜めからの写真

シンプルで美麗な感覚で言えば前モデルの『BÖRJA』に軍配が上がりますが、もう少し尖った個性が欲しければ『SJÖ』の方が良いと思います。

SJÖ腕時計の留め金部分

四角く角張った留め金と押さえる部分は1箇所のみ。デザインは全面に出ていますが、裏はシンプルな部分に好印象を持てました。

『BÖRJA』と『SJÖ』の腕時計を並べて比較してみる

BÖRJAとSJÖを身に着けている写真

せっかくなので両方のデザインを身に着けながら比べてみます(笑)

左が『BÖRJA』で右が『SJÖ』です。並べてみると分かりますが、同じLagom Watchesの腕時計であっても、全く異なる個性を感じる内容になっていますね。

BÖRJAとSJÖのベルト留め金部分の写真

裏の留め金部分もこんな感じ。シンプルなほうが好きであれば『BÖRJA』、シンプルの中に遊び心を求める方、柄の入った洋服を好んで着る方は『SJÖ』の方が似合うと思います。

スポンサーリンク

SJÖ腕時計は非常にコストパフォーマンスが高い

BÖRJAとSJÖを並べて撮っている写真

新しいモデルである『SJÖ』もコストパフォーマンスがメチャクチャ高いです。

同価格帯で販売されている別の腕時計では満足できなくなりつつあります。私は色んなブランドの腕時計を持っていますが、『2万円前後で買うならLagom Watches一択で良い』かな~と思うようになりました。

中途半端な品質の腕時計を買うなら『SJÖ』の方が良いですね。通販をメインに販売が行われているため、流通のコストが浮いている点が強いのかも知れません。

SJÖの購入方法は超カンタン!

SJÖ3種類の腕時計

SJOの腕時計は公式の通販サイトで購入が可能です。

決済方法は「PayPal」か「クレジットカード」のみになります。カートに入れて購入するだけなのでサクッと買えるのが嬉しいですね。

購入後の心配も不要。Lagom Watchesは送料無料に加えて1営業日以内に発送を行ってくれます。さらに商品が到着してから14日以内の返品が可能なほか、2年間の保証付きという太っ腹なサービスになっていますよ。

これだけ充実しているのに、たったの2万円前後というのが素晴らしい…!

新設されたばかりのブランドなので他人と被りにくいのもメリット。プレゼント用にも向いていますね。

初めての1本にもおすすめなのでぜひチェックしてみてください。

↓公式サイトはこちら↓

スポンサーリンク

SJÖ腕時計のレビューまとめ

SJOの箱と腕時計

そんなわけで今回は『Lagom Watches』の新作腕時計『SJÖ』の感想レビューをお届けしました!

ぶっちゃけ、初期に発売された『BÖRJA』よりも『SJÖ』の方が格好良くて気に入りました。これで2万円前後なら2~3本色違いを買っても良いかなと思えるレベルです。

洋服のスタイルにあわせて腕時計を変えたい方に超おすすめ。11種類の中から自分の好みを探してみてください。

↓公式サイトはこちら↓

腕時計を持っていない初めての方にもおすすめです。ぜひ1本試してみてくださいね。

3万円以内で買えるメンズ腕時計の記事もおすすめです。こちらもあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

SJOの腕時計画像