Amazon二段階認証の設定方法!買い物、アフィリエイトをする人はアプリでセキュリティ不正対策を行おう!

Amazon二段階認証の説明アイキャッチ
スポンサーリンク

LIFE LOGSのてんぐうです。

あなたはAmazonの二段階認証を設定していますか?

私はAmazonを頻繁に利用します。発送は早い、品揃えは豊富、料金も安いものが多いので非常に助かっています。ですが近年、Amazonアカウントへの不正アクセスが多発しているんですよね。

利用している人が多いサービスというのは、狙われやすいという証拠でもあります。

そこで行っておきたいのが、Googleアプリを使った『二段階認証』のセキュリティ設定(不正対策)です。

この対策を行っておけば、不正アクセスの被害に遭う可能性はグッと減ります。設定は思ったよりも簡単だったのでやり方をまとめてみました。

身に覚えのない請求は、後始末を考えるだけでもめんどくさいと思います。また、アフィリエイトをやっている方は報酬に影響が出そうですよね。

まだ設定していないのであれば、この記事を参考に行ってみてください。

不正アクセス被害に遭う前に、二段階認証を行っておきましょう。

画像を使ってやり方をまとめてみました。思っているよりも簡単にできると思いますよ♪

画像付きで実践解説!Amazonの二段階認証の設定方法!

二段階認証に必要なものを用意しよう

まず二段階認証を行うにあたって、必要なモノがありますので確認を行いましょう。

  • パソコン、またはタブレット、および認証アプリを使うためのスマートフォン
  • SMSを受信することができるスマートフォン(携帯電話番号)
  • QRコードリーダー、Google認証システムのスマホアプリ

認証スマホアプリの使用、SMSを受信できる携帯電話番号が必要になります。これが無いと二段階認証を行うことができませんので注意してください。

QRコードリーダー
QRコードリーダー
開発元:Takashi Wada
無料
posted with アプリーチ

他にもQRコードの読込が必要になるので、持っていない方はQRコードを読み取るアプリをインストールしてくださいね。

Google 認証システム
Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Google認証アプリはこちら! 併せてダウンロードしておいてください。これで準備は完璧です。次はアカウントにログインして設定を行っていきましょう。

Amazonアカウントにログイン後『サインインとセキュリティ』にアクセス

Amazonアカウントのログイン後の画面

引用:Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで

まずはAmazonにログイン後、アカウントサービスをクリックして会員メニューを開きます。その中の『サインインとセキュリティ』の項目ボタンを押してください。

サインインとセキュリティの項目

項目の中の『高度なセキュリティ設定』を選択して、セキュリティコードの設定と管理ページに進みます。

ここで先ほど説明した『QRコードリーダー』と、『Google認証アプリ』を使う必要がありますので準備しておいてください。

『高度なセキュリティ設定』からQRコードをスキャン!認証アプリを設定する

高度なセキュリティ設定

二段階認証の右側にある『設定を開始』のボタンから認証を始めます。

認証アプリにチェックを入れた画像

次に『認証アプリ』の方にチェックを入れるとQRコードが表示されます。

この表示された『QRコード』を、『Google認証アプリ』がインストールしてあるスマホで読み込んでください。

Google認証アプリのスクリーンショット

QRコードを読み込んでURLにアクセスを行うと、Google認証アプリが自動的に立ち上がります。『登録しているメールアドレス』が表示されますので、間違いがなければ『OK』を押して保存します。

Google認証アプリの認証システムの表示

『OK』を押した後、認証システムの中に新しい番号が含まれていれば成功です。ログインの際は、この認証コードを利用しますので覚えておいてくださいね。

SMS電話番号の認証

認証アプリの設定が終わると、次は電話番号を利用したテキストメッセージ(SMS)の受信が必要になります。

SMSの受け取りが可能な携帯電話番号を入力して『コードを送信』をクリックしてください。コードが記載されたSMSが届いたら、入力後『次に進む』を押します。

二段階認証の完了

最後に『二段階認証を設定』を押せば、設定は全て完了です。

特定のネット環境において、二段階認証のコード入力を不要にすることも可能

特定の環境に対してコードを不要にする設定

毎回認証コードを入力するのが面倒な方は、特定の環境時には入力を不要にする設定を行っておきましょう。

最後の『二段階認証を設定』する際に、『現在の環境でサインインする場合はコードを不要にする』にチェックを入れておけば、入力の手間を省くことができます。

この設定を行っておけば、普段と違う場所からログインするときのみ認証を求められるようになります。とても便利な機能ですね!

二段階認証でコード入力欄が表示されず、Amazonにログイン出来ない場合の対処方法

通常パスワードの後に認証コードを入力

一部の端末において、認証コードの入力画面が表示されないことがあります。この場合、通常のパスワードの後に続けて認証アプリの数字を入力してください。

これでサインインを行うことができます。稀なケースですが、覚えておくと良さそうですね。

Amazonの二段階認証を無効化、解除する方法

二段階認証の無効化ボタンの説明

二段階認証を無効化したい際の、解除方法に関しても説明しておきます。『サインインとセキュリティ』→『高度なセキュリティ設定』の順に進みます。

二段階認証の右側にある『無効化』 をクリックします。

無効化の注意事項と確認画面

すると注意事項の表示後、本当に無効化するか確認を求められますので、解除する際は『二段階認証の設定をリセット』にチェックを入れて『無効化』をクリックしてください。

二段階認証の無効化完了

最後に『二段階認証を無効にしました』と表示されれば完了です。再度2段階認証を設定したい場合は、最初の手順に戻って行えばできますよ。

実際にやってみると意外と簡単にできました。効果の高い不正対策なので、やってない方は試してみてくださいね。

スポンサーリンク

Amazonの二段階認証を行う方法のまとめ

今回は私自身の経験をもとに、Amazonの二段階認証に関してご説明させていただきました! いかがでしたか?

導入するまでは少し面倒に感じますが、不正アクセスの被害に遭って買い物をされると後始末が大変なことになります。

『Amazonへの連絡はどこからすれば良い? カード会社にも連絡する必要があるのかな…』 など、調べなければ分からないことが沢山出てきますよね。

ビジネスにAmazonを利用している方は、アフィリエイト報酬、商売への悪影響も考えられます。

面倒であっても二段階認証を設定しておいた方が安全だと思いますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。セキュリティ関連、スマホアプリ関連の記事もどうぞ♪

関連記事

・はてなブログに不正アクセス!?ログイン履歴チェックや記事バックアップなど、事前に防止対策を行おう!

・忍者バリアーで不審なスパムアクセスをブロック制限!コピーパクリ対策として簡単なので使い方を説明する

・アドセンス狩りの被害にあったのでGoogleに報告!不正クリックの申告、やり方を説明するよ!

・名刺管理アプリ『Wantedly People』読み取り、スキャンから簡単にデータ保存!

・dropboxが便利!ファイル共有も簡単でパソコンとのリンクも可能!使い方説明

スポンサーリンク


Amazon二段階認証の説明アイキャッチ