レンジよりもオーブン焼きそば!アルミホイルなら皿要らずで美味いので作り方を紹介!

オーブントースターで焼きそば作り方
スポンサーリンク

LIFE LOGSの天狗宇です。

一人暮らしの料理って正直めんどくさいですよね。

フライパン、食器皿、使った後に洗うだけでも大変です。そんな方にオススメしたいのがオーブントースターとアルミホイルで作る焼きそばです。

電子レンジで作る方もいると思うのですが、トースターとアルミホイルを使ったヤキソバも簡単です。手軽に作れるにも関わらずめっちゃ美味しいですよ。

というわけで今回はオーブントースターとアルミホイルで作った焼きそばを写真付きでご紹介していきたいと思います。

とても簡単なのでひとり暮らしの方の参考になれば幸いです。

さっそく画像を交えてオーブン焼きそばの作り方を解説していきますね。

オーブン焼きそばの材料(お好みでもOK)

オーブン焼きそばの材料

焼きそばの材料はお好みで用意していただいて問題ありません。

定番なのはキャベツや玉ねぎ、塩やきそばであれば長ネギも美味しそうですね。

今回はコスパが良い「3食入りで100円の焼きそば」と「もやし」と「見切り品の牛肉」の3点で作りたいと思います。

💡オーブン焼きそばの材料一覧

  • もやし100~グラム
  • 牛肉50~グラム
  • 焼きそば1袋+ソース1袋

あと必要なのはアルミホイルです。

材料が揃っていたら、次はオーブントースターで利用できる耐熱皿を用意しましょう。

スポンサーリンク

オーブン焼きそばの作り方・手順

用意した耐熱皿にアルミホイルを載せて、少量の油をひきます。

耐熱皿にアルミホイルを引く様子

香りが良くなるので、私はごま油をひいています。

耐熱皿、アルミホイルの上に牛肉

次はお肉を置きます。なるべく重ならないように全体に幅広く置いてくださいね。

肉の上にもやしを乗せている写真

そしてもやしです。洗ったもやしには十分水分が含まれているので、お水を入れる必要はありませんので覚えておいてください。

焼きそばの麺を入れてほぐす様子

もやしをまんべんなく乗せたら、次は「焼きそばの麺」の出番です。

乗せた後はできる限りほぐしてあげましょう。

焼きそばソースの粉末をふりかける

そしてソースの粉末を全体に振りかけます。

焼きそば、全体をアルミホイルで包む

最後に上から全体を包めるくらいのアルミホイルを掛けましょう。

その際はできるかぎり隙間が生まれない」ように気を付けてください。しっかりと密封してくださいね。

オーブントースターで15分間加熱して放置

あとはオーブントースターに入れて15分間加熱するだけです。出力が弱いオーブンは少し余熱で温めてから入れると良いですね。

さて、15分間放置してチーンっと鳴ったら取り出してみましょう。

オーブン焼きそばの出来上がりと煙

思ったよりも煙が凄かったです。ワンルームなどの部屋にお住まいの方は、一度換気扇近くで開けた方が良いですね。

あとは箸で良くかき混ぜるだけで完了です。最後にお好みでマヨネーズ、青のり、かつおぶし、など好きなのを乗せちゃいましょう!

オーブン焼きそばにマヨネーズをかけた画像

中身までしっかりと蒸されていて美味しくできあがりますよ。

作った過程をyoutubeでも公開していますので、動画でご覧になりたい方はこちらもどうぞ。

軍手逆さに付けてた…それと動画で見ると煙がすごい出てるのがわかりますねw

しっかりと蒸されているのが伝わると思います。

まとめ

今回はオーブントースターで作る「オーブン焼きそば」の作り方に関してご説明させて頂きました。

耐熱皿にアルミホイルをひいて、あとは順番に材料を乗せる。最後にオーブントースターに入れて15分間加熱、放置するだけで完成します。

食べ終わった後はアルミホイルを捨てるだけなので、食器を洗うなどの後片付けもなく非常に便利です。洗うのは箸くらいで手間もかかりませんね。

材料次第ではコスパも良くなりますよ。一人暮らしの方にオススメなので、気になったらぜひ作ってみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。他のグルメ記事もどうぞ♪

スポンサーリンク

最新スマホゲームおすすめ

オーブントースターで焼きそば作り方