【頭脳】ギャンブル漫画の面白いおすすめ作品16選【心理戦・コメディまで】

ギャンブル漫画のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

LIFE LOGSの天狗宇です。

今回は面白いおすすめの『ギャンブル漫画』をジャンル別にご紹介していきたいと思います。

ギャンブル漫画は大衆受けする内容とは言いがたいです。

ですが、登場人物の『心理・頭脳戦』が細かく描写されていたり、作品によっては人間の醜さを上手く描いているなど、読み応えがあって面白い作品が多いんですよね。

心理・頭脳戦が面白いギャンブル戦、人間の醜さや闇を表現している作品、麻雀をメインに描いたものからパチスロまで、おすすめのギャンブル漫画を16冊紹介します。

おもしろい『ギャンブル漫画』を探している方の参考になれば幸いです。

作品を通じてあなたも『ギャンブルのスリル』を味わってくださいね。

濃い内容のモノから軽いものまで『ジャンル別』に紹介を行っていきますよ。

心理・頭脳戦が面白いギャンブル漫画

賭ケグルイ

『ギャンブル』に支配された名門高校を舞台に賭け狂いの少女たちが活躍する漫画

私立百花王学園は普通の高校とは違い『ギャンブルの強さ』がすべてを支配していた。生徒会を頂点とするギャンブル高校は、勝てば天国、負ければ地獄で人間扱いすらされない。

ギャンブルに負けて借金を背負った生徒を『ポチ』扱いしたり、徹底的なイジメが行われます。独自の『オリジナルルール』をメインとしたギャンブルなのが面白いですね。

何千万と言う金額を賭けて酔いしれる転校生の主人公『夢子』の表情描写、勝者として勝ち誇っていた人物が落ちていく様子のほか、圧倒的な画力で登場人物の一喜一憂を描いているのも魅力です。

出典:賭ケグルイ 河本ほむら 尚村透 株式会社スクウェア・エニックス

見た目は清楚で可愛い夢子が、賭け時には狂っているかのようなギャップに萌える人も多そうですね。主人公以外にも美少女が多く登場しますよ。

アニメ放送も行われた人気作品です。現在9巻まで発売中。

賭ケグルイ双

百花王学園に夢子が転校してくる以前の話、早乙女芽亜里を主人公とした物語

賭ケグルイの前史にあたる作品で『早乙女芽亜里』の活躍を描いた物語です。本作の方では1巻で夢子に負けてしまった芽亜里ですが、夢子が学園に転校する前は大活躍していたのが分かりますね。

芽亜里の場合は夢子と違ってギャンブルへの恐れや葛藤の描写があるので、個人的にすごく好きだったりします。負けたときは『出番無くなるのかな~』と残念に思っていたのですが、本作でも退場しなくて嬉しかったです。

賭ケグルイ双でも『オリジナルゲーム』が登場するのですが、良くこんなにアイデアがあるなぁと感心しますね。

賭ケグルイ双の勝利シーン

出典:賭ケグルイ双 河本ほむら 尚村透 株式会社スクウェア・エニックス

ちなみに人物描写は似ていますが、本編とは作画担当している方が違います。実は買って読み始めるまで気づきませんでした…w

ですが尚村先生の絵柄もすごく綺麗なうえに魅力的です。

『双』も本編に引けを取らない面白さがありますよ。現在6巻まで発売の連載中作品。

トモダチゲーム

ドラマ化・映画化も!大金を賭けた謎のゲーム『トモダチゲーム』が始まる!

普通の学園生活を送っていた主人公の片切友一は『お金よりも友情を大切』にしている好青年。だがある日クラスの『修学旅行費200万』が盗まれてしまう。

クラスメイトに大切な話があると呼び出された友一は指定した場所に向かうが、そこは謎のゲーム『トモダチゲーム』の参加会場。

盗まれた『修学旅行費200万』は大金を賭けた『トモダチゲーム』の参加費として使われていたのだ。

誰の借金かも分からない『2000万円』を『1人頭400万』の借金として背負い、半強制的に『トモダチゲーム』へ参加することになった『仲良し』クラスメイト5人はどうなるのか。

トモダチゲームのクラスメイト5人

出典:トモダチゲーム 山口ミコト 佐藤友生

『友達を疑わないこと、それだけが唯一トモダチゲームをクリアする方法』

序盤は協力し合う雰囲気で進むのですが、ゲームオーバーした際に借金額が多かった者が全員分の借金を1人で背負う『最下位ペナルティ』、クラスメイトの秘密を暴露する『陰口スゴロク』など、互いが互いを疑い『人間の裏』を感じさせていくシーンが凄く面白いです。

友一が悩みながら打開していくのも見物ですね。物語の続きが気になる面白い心理・頭脳戦が展開するおすすめギャンブル風ゲームマンガです。

LIAR GAME

ある日突然送られて来た『1億円』の小包、そこには現金と共に謎のメッセージが…

人の良い少女・神崎直は100円の落とし物ですら届け出る純粋な人間。そんな彼女にある日『1億円の現金とメッセージ』が入った小包が届く。

箱を開封した時点で『LIAR GAME』に参加の意思を表明したこととなり、強制的に持ち金として1億円の所有者にされてしまうことに。

『いかなる手段を用いても対戦相手からマネーを奪い取る』というルールだったが、対戦相手が顔見知りだった直はあっさりと1億円を騙し取られてしまいます。

LIAR GAME

出典:LIAR GAME 甲斐谷忍 ヤングジャンプコミックスDIGITAL

困り果てた直は、出所したばかりの『天才詐欺師』のところへ相談に行く決意をします。彼女は無事に1億円を取り戻すことができるのか。

そして更に続いていく『LIAR GAME』はどのような展開を迎えるのか。

アクの強い登場人物たちに加え、知恵、交渉力、大金を巡っての心理・頭脳戦がとても面白い作品ですね。全19巻完結済みの作品ですよ。

スポンサーリンク

人間臭さ・人物描写が魅力のギャンブル漫画

嘘喰い

自らをギャンブラーと名乗る謎の男・斑目貘の活躍を描くギャンブル漫画

遊ぶ金欲しさに闇金から金を借りていた青年・梶隆臣。ある日、パチンコ店のスロットに座っていた男・斑目貘にBIGが入っていたことを教える。

貘はスロットのお礼に隆臣の借金の清算を手伝ってくれるのだが、彼は『嘘食い』と呼ばれる伝説のギャンブラーだった。冒頭はパチンコのスロット、序盤はルーレット勝負など、幅広いジャンルを取り入れたギャンブル漫画になっています。

登場人物の設定や背景も深く描かれるほか、ギャンブル漫画だけでなく『アクション的な要素』も含んでいて面白いですね。

嘘喰い

出典:嘘喰い 迫稔雄 ヤングジャンプコミックスDIGITAL

1巻からすでに『独特の世界観』を持った質の高い絵柄で楽しませてくれますが、巻数が進むにつれて更に洗練されていく絵も見応えがあって楽しめます。

2018年2月現在、48巻まで発売中の長編ギャンブル&エンターテインメント漫画。

ジャンケット

中国・マカオを舞台に『ジャンケット』と呼ばれる男のギャンブル駆け引きを描く!

欲望が渦巻く歓楽街・マカオを舞台に日本人『葛城ショー』の活躍を描いたクライム・ギャンブル漫画。

テキサスホールデム・ポーカーを武器に様々な『カモ』を釣り上げていくショー。自らの焦りを演出するために身体を張ったりなど、命を削り大金を賭ける男の心理戦が面白い作品ですね。

『ジャンケット』にスポットを当てて描いているのも珍しいと思います。

カジノ全般に長けているギャンブラー、主人公の『葛城ショー』も魅力的なのですが、物語を盛り上げるマカオ・香港マフィアの存在感も濃く描かれていますよ。

ジャンケット

出典:ジャンケット 赤木太陽 紅林直 近代麻雀コミックス

渋い感じの絵柄もギャンブルの世界観に合っていて魅力的ですね。中盤は麻雀寄りの展開になりますが、ポーカーをメインに楽しめる作品となっています。

男臭さと華やかさを兼ね揃えているギャンブル漫画、全2巻の完結済み。

エンバンメイズ

地下ダーツ競技場を舞台にダーツプレイヤー・烏丸徨が活躍する

大金を賭けて様々な相手と『ダーツ対決』を行うのがメインとなるギャンブル漫画。

『迷路の悪魔』の異名をとる凄腕ダーツプレイヤーの烏丸。両親を死に追い込まれた女子高生の依頼主・美作のためにダーツの『代打ち』を行うことになるが…

最初に読み始めた際は『ダーツだけで漫画の世界観を広げていくことは出来るのかな~』と思っていましたが、読み進めると止まらなくなる位面白かったです。

勝利する際に見せる『どこか壊れている烏丸の表情』と、敗北相手の精神を壊し『迷路に迷い込ませる』演出は、田中先生の画力だからこそ描くことが出来る独特の世界観がありますね。

エンバンメイズのダーツシーン

出典:エンバンメイズ 田中一行 アフタヌーンコミックス

基本はダーツになりますが個性的な『特殊ルール』を随時使用しており、続きが気になる展開で読者を楽しませてくれる作品です。

烏丸に秘められた過去、深い因縁を持つ相手とは―

全6巻で完結する異色のダーツアクション・ギャンブル漫画。

銀と金

ギャンブル漫画の金字塔!裏社会で巨万の富を得ていく男たちの物語!

競馬でスッカラカンになった冴えない男『森田鉄雄』は、謎の男『平井銀二』から日当10万円の仕事を持ちかけられる。

最初は半信半疑で現場に向かうものの、待っていたのは『10億円の現金』と平井銀二に頭を下げる訳アリ経営者たちだった。

あまりの出来事に圧倒される森田だったが、自分の人生を変えたい、金を手に入れたいと思う彼は平井と共に仕事をするようになる。

最終巻では展開が異なりますが、冴えない男だった森田が成長し、様々なギャンブルや困難に立ち向かい乗り越えていくことに見応えがある作品です。

銀と金の名シーン

出典:銀と金 福本伸行 フクモトプロ/highstone, Inc.

大金を賭けたギャンブルだけでなく時には命を賭けた争いも…

金、人間の欲望、醜さや闇、裏社会の頭脳戦とギャンブルを描いた全11巻の名作です。今でも大好きで読み返したくなる位に面白いですよ。

賭博黙示録カイジ

ギャンブル漫画の元祖!自堕落な生活を送っていたカイジの命を賭けたギャンブルが始まる

友人の借金の保証人になっていた主人公・伊藤開司(カイジ)。金融業者の遠藤から逃げた友人の代わりに『385万円』の取り立てに遭う羽目になる。

困り果てるカイジを前に、遠藤は『ギャンブル船・エスポワールに乗れば借金を一括でチャラにできる可能性がある』と言う。

遠藤の話に乗せられたカイジはギャンブル船に乗り込む決意をするが、乗車後に『死にかけたクズの最終戦』であり『地獄のふちをさまよう修羅の船』である現実を思い知らされることに…

当時、今までになかった独自ルールによるギャンブル『限定ジャンケン』や高層ビルを舞台にした『鉄骨綱渡り』など、斬新な設定が多い作品でした。

賭博黙示録カイジ

出典:賭博黙示録カイジ 福本伸行 フクモトプロ/highstone, Inc.

人間の焦り、金を巡った醜さ、自分の肉体を差し出して賭ける展開など、読んでいて惹き込まれる名作ギャンブル漫画ですね。

賭博黙示録カイジは全13巻で完結しますが、シリーズはこの他にも『賭博堕天録カイジ賭博堕天録カイジ 和也編賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編賭博堕天録カイジ 24億脱出編』と長く続いていますよ。

賭博覇王伝 零

命懸けのギャンブル『王への試験』に身を投じる17歳の少年・宇海零の活躍を描く!

振り込め詐欺の被害者を救済するための騒動を起こした主人公の零と仲間たち。日本一の資産家・在全無量(ざいぜん・むりょう)から『王への試験』の参加を認められることになる。

半強制的に参加させられた試験は、命を賭けたギャンブルばかりだった。零は仲間とともに困難を乗り越えることはできるのか。

福本先生のマンガは『社会に適応できない』人間が主人公であることが多いですが、本作品の主人公・零は他の作品と比べると優等生なのが特徴ですね。

賭博覇王伝零の冒頭シーン

出典:賭博覇王伝 零 福本伸行 フクモトプロ/highstone, Inc.

人間の心理、読み合いを行いながら戦うギャンブルの描写、謎解きの面白さ、カイジ・銀と金を凌ぐほどの多彩な勝負が描かれていきますよ。

多くのギャンブル漫画を手掛けている福本先生ですが『賭博覇王伝 零』も間違いなく名作。

第一部である本作は全8巻、続編にあたる第2部『賭博覇王伝零 ギャン鬼編』は全10巻で完結しています。

アプサラス

幸運のサイコロを持つ高校生・翔が活躍する人情系ギャンブル漫画

17年前に賭博の神様『アプサラス』の名前を冠したサイコロと共に、託児所の前で捨てられていた主人公の翔。だが彼は親が居なくともニコニコ園の園長代理として一生懸命に生きていた。

翔のことが好きなクラスメイト・日出子との関係も絡めつつ、ギャンブルを絡めたニコニコ園のトラブルに巻き込まれていきます。

最初はラブコメマンガかな?と思ってたのですが、序盤のアットホームな展開から一転。賭博場に乗り込むなど『ギャンブル漫画』として物語は展開していきます。

様々な賭け事を通じて翔が成長して行ったり、自身の出生の謎に迫っていくなど、人間ドラマを思わせる展開を迎えていきますね。

アプサラスの翔

出典:アプサラス 深山雪男 安部譲二 ヤングサンデーコミックス

2000年代の漫画のため世界観は古いですが、物語を通して翔が大人っぽくなっていくのも注目です。

原作は『堀の中の懲りない面々』でも有名な安部直也さんが担当していますよ。全8巻、完結済みです。

麻雀メインのギャンブル漫画

哲也~雀聖と呼ばれた男~

昭和20年の戦後復興期を舞台に『哲也』が闇麻雀の世界に足を踏み入れる

伝説の勝負師・雀豪として名を馳せた色川武大(阿佐田哲也)の著書を参考に構成された麻雀マンガ。実話をもとに描かれており当時の時代背景を含めておもしろく読める作品です。

軍需工場の勤労動員として働いていた哲也は、おっちゃんから言われた『運が悪い奴が死ぬんだ』という言葉を軸に、度胸ある行動をするようになります。

その後、戦後に就いた職場の人間に誘われ、ギャンブルの味を覚えるように。

連戦、連勝を繰り返す哲也は、自分の人生を変えるために金を求めて『横須賀の米軍基地』に麻雀勝負に向かう決意をします。

哲也~雀聖と呼ばれた男~

出典:哲也~雀聖と呼ばれた男~ さいふうめい 星野泰視 講談社

昭和21年、当時日本で一番金を持っていたのは米兵でしたが、イカサマをした日本人が撃ち殺されるなど、賭場は過酷な状況にありました。

そんな中で哲也が真剣勝負を行っていく様がカッコ良いです。目を離せない展開が続きますよ。著書に出てくるキャラクターも登場するので原作ファンには嬉しい内容になっていますね。

全41巻、おすすめしたい名作長編の麻雀ギャンブル漫画。

天-天和通りの快男児

超心理麻雀漫画の元祖がここに!主人公を含めた個性的なメンツが活躍するギャンブル漫画

『理』を持った打ち方を得意とし、大勝ちを続けていた受験生のひろゆき。だがヘラヘラとした冴えない男・天が現れる。

レベルの高い相手と打ちたいと思っていたひろゆきは、天と麻雀を打つことに。それは更なる高みへの歩みとなるのだった。

基本の主人公は『天』ですが、ひろゆきを含めてアカギや『東のプロ』と『西のプロ』で対決することになる人物など、個性的で熱いキャラクターたちが大勢登場します。

麻雀漫画といえば『アカギ』が有名ですが、本作品では老紳士となったアカギが登場しますよ。序盤の『天とアカギの対決』も見物ですね。

天-天和通りの快男児の主人公

出典:天-天和通りの快男児 福本伸行 フクモトプロ/highstone, Inc.

実力派が揃っているため若干劣り気味のひろゆきですが、彼が懸命に食らい付いていく様子も読み応えがあります。

1989年代から始まった古い作品ですが、福本先生の魅力がたっぷり詰まった麻雀漫画です。アカギしか読んだことがないという方もぜひ手に取って欲しいですね。

単行本、全18巻で完結済みとなっています。

アカギ~闇に降り立った天才~

昭和33年、闇に降り立った天才・神域の男『アカギ』の伝説が始まる

高度成長期を迎えた時代、土砂降りの雨が降る中、南郷はヤクザ相手に命を賭けた麻雀を打っていた。絶体絶命に追い込まれた状態の南郷、だがその時、ずぶぬれになった一人の『少年・アカギ』が現れる。

ただならぬ気配を感じた南郷は、イチかバチかアカギに代打ちの依頼を行うことに。麻雀牌すら握ったことのないアカギは勝つことが出来るのか。

『天-天和通りの快男児』のスピンオフ作品となる麻雀漫画。今作の主役となるアカギは本家でも主人公以上の存在感を放っており、高い人気を誇っていた人物です。

本作品『アカギ~闇に降り立った天才~』では初登場時13歳という若さ! 年老いたアカギも渋くてカッコいいですが、若い時のアカギも凄くカッコ良いですよ。

アカギと南郷の会話

出典:アカギ-闇に降り立った天才 福本伸行 フクモトプロ/highstone, Inc.

完全無欠に見えるアカギですが、ときにはピンチに陥ることも…。超心理麻雀漫画として相変わらず楽しませてくれますね。

ギャンブル漫画が好きな人におすすめしたい名作、現在34巻まで発売中です。

スポンサーリンク

パチスロギャンブル漫画

アドリブ王子

古くから存在する人気パチスロ漫画・アドリブ王子の活躍を描いた作品

パチンコ店でバイトをしていたころに良く読んだパチスロ漫画。

通常のパチスロ漫画というと攻略法をメインとして描かれることが多いですが、コメディ色が強いので面白く読める作品です。

常に好戦的でうまくいかないと激情する『王子』に加え、人にまとわりついてハイエナをする人物『ホクロ』、売れないスロプロアイドルの『ユリエ』など、バラエティに富んだキャラクターが登場しますよ。

プライドが高ければ態度もデカい主人公・アドリブ王子の『ここでアドリブの効かない奴は勝てない』という名言は一部の間で流行した…はず(笑)

アドリブ王子

出典:アドリブ王子 あかつきけいいち ガイドワークス

2000年から連載が開始された作品なので、昔懐かしいパチスロ業界を感じたい人にもおすすめ。パチスロが好きな方なら楽しく読めるコメディギャンブル漫画です。

『アドリブ王子』は全11巻で完結済みですが、続編にあたる『超アドリブ王子』も存在しており6巻まで発売中ですよ。

アドリブ店長

パチンコ店『ロマネスク』の店長が主役のギャンブル漫画

自称『ロマンティックな設定』を心がけている『店長・小早川』を主役としたパチスロ・コメディギャンブル漫画。

客を翻弄することに生きがいを感じている店長・小早川は、どんな客が相手だろうと自分の設定に自信を持ち、ロマンティックに仕切っていきます。

登場人物は『アドリブ王子』でお馴染みのメンバーが出てくるので、前作と併せて読むと楽しめる作品ですね。

パチンコの釘設定、スロットの台設定のテクニックは超一流、その技術はときに王子をも凌ぎます。

アドリブ店長

出典:アドリブ店長 あかつきけいいち ガイドワークス

パチスロ漫画ではお客が店を攻略するのをメインとしたものが多いですが、お店側をメインに描いている珍しい作品です。自由奔放な小早川店長に振り回される主任も見てて面白いですね。

『アドリブ店長』も全11巻で完結済み、続編にあたる『アドリブ店長R』は6巻まで発売中ですよ。

面白いおすすめギャンブル漫画のまとめ

今回は面白いおすすめのギャンブル漫画をまとめてご紹介させて頂きました。

大金を賭けた戦いの中で生まれる葛藤、恐怖、疑心暗鬼など、各作者の魅せ方がまったく違うので、どの作品も本当に面白いものばかりです。

ときには身体を張り、命を賭けたギャンブルに身を投じていく主人公の姿にハラハラすること間違いなしですよ。

スリルを味わいたい方はぜひ手に取ってみてくださいね。

どの作品も面白いマンガばかりですよ。関連するおすすめの記事もどうぞ♪

✍マンガに関連するおすすめ記事
スポンサーリンク

最新スマホゲームおすすめ

ギャンブル漫画のアイキャッチ画像