死んだ妹の恋人と付き合う『春の呪い』漫画感想レビュー

春の呪い1巻の表紙
スポンサーリンク

漫画大好き天狗宇です。

今回は全2巻で完結する漫画『春の呪い』のレビューをお届けしたいと思います。春の呪いは『このマンガがすごい!2017 オンナ編 2位』になった人気作品です。

誰よりも愛する妹が病気で亡くなり、生きる目的を失ってしまった夏美。その後、妹の恋人だった冬吾から『亡くなった妹の代わりに付き合ってほしい』と告白をされます。

夏美は冬吾のことを鬼畜生だと思いながらも、ある条件と引き換えに了承することに…

最愛の妹が愛した、最愛の男と恋人同士に―

ふたりに待ち受ける結末とは?

全2巻という短さながら読み応えがある名作短編漫画ですね。

本当に面白くて序盤からグイグイ惹き込まれていきますよ。

『春の呪い』冒頭のあらすじと漫画の内容

棺に入れられた春

出典:春の呪い 1巻 小西明日翔(一迅社)

『妹が死んだ 名前は春 まだ19歳だった』

抗がん剤治療を行うも病状は良くならず、妹の春は19歳と言う若さで亡くなります。

春との思い出を思い返しながら遺体を見つめる夏美。

生前に『何かあったらこれを入れて欲しい』と恋人・冬吾との写真を渡されていた彼女は、約束通り棺のなかに写真を入れます。

『…お姉ちゃんが行くまで待ってて すぐ行くからね』

遺体にそう語りかける夏美、それを遠くから見守る妹の恋人だった男・冬吾

その後、時系列が切り替わり、夏美が冬吾とのデートに出かけるところから始まります。

交錯する夏美と冬吾の考え

話し合う夏美と冬吾

出典:春の呪い 1巻 小西明日翔(一迅社)

元々は由緒正しい『立花家の血筋』を目的とした親子同士のお見合いでした。

そのお見合いの結果、冬吾と妹の春が付き合うことになります。そして妹が亡くなった代わりに、今度は夏美と付き合うというのが冬吾の言い分です。

妹は冬吾に一目惚れしていましたが、夏美は冬吾に興味がなく妹のことばかりを気にしていました。

淡々とした冬吾の提案のような告白に、悩みながらも付き合うことにした夏美は『一つの条件』を付けます。それは『冬吾が妹とデートした場所に行きたい』というものでした。

愛する妹がどこに出かけて何を見ていたのか?

事実を受け止めきれない夏美は、少しでも妹のことを感じたくて提案します。

亡くなった妹、過去の思い出、葛藤、1話の中に物語が凝縮されており、見応えがある作品になっていますよ。

スポンサーリンク

『春の呪い』の魅力と見所

愛した妹を思いながら必死に自分を繕うとする夏美

春を思って苦しむ夏美

出典:春の呪い 1巻 小西明日翔(一迅社)

『その男を 殺してやりたいとすら 思った』

両親の離婚、新しい母親との再婚

家庭に息苦しさを感じていた夏美と春は、いつか家を出て一緒に暮らそうという約束を交わしていました。

ですが冬吾の存在によって夏美は春を取られたと思うようになります。

相手の男を殺してやりたいとすら思った、そしたら春が死んでしまった―

冬吾のことを思いながら亡くなった春を見て、夏美はさらに思いつめていきます。

へらへらする夏美

出典:春の呪い 1巻 小西明日翔(一迅社)

春が見た景色を私も見たい

その思いから一時は殺してやりたいと思った男と付き合うことにした夏美

ころころと変わる夏美の表情、明るく取り繕っていますが、内面は壊れてしまいそうなほど思いつめています。

上手い心理描写に惹き込まれると同時に、夏美の様子が痛々しくて続きが気になりますね。

家柄に囚われたままの家庭で育った生真面目な圭吾

先輩と食事をする冬吾

出典:春の呪い 1巻 小西明日翔(一迅社)

『やりたいこと そんなものは無い』

冬吾はいつも淡々としており、自分の感情を表に出しそうにありません。

親の希望通りに学び、親の希望通りに就職、そして親が紹介した春と付き合っていた冬吾は、何処か自分を置いてきてしまったような雰囲気を醸し出します。

ですが、夏美の視点が終わると、冬吾の視点で物語が続くようになり、このとき彼の考えが徐々に分かっていきます。

『夏美と付き合うこと』

それが冬吾にとって初めての強い意志だったことが明かされるなど、ふたりの想いが交錯していく様子に目を離すことができなくなりますよ。

夏美と圭吾の視点のあとに明らかになる『春の呪いのような思い』

ふとしたことをきっかけに、夏美は春の『ある秘密』に気づいてしまいます。

『冬吾への狂おしいほどの想いと、夏美への羨ましいという思い…』

妹の真意を知った夏美はどのような決断を下すのか―

冬吾に惹かれていく度にチラつく春の影、それはまるで『春の呪い』のよう

一味違うラブストーリー、ぜひ手に取って欲しいですね。

春の呪い1巻は『読み放題』対象作品

春の呪い2巻表紙

春の呪いは『プライムリーディング』と『kindleアンリミテッド』の読み放題対象作品です。

Amazonプライム会員、kindleアンリミテッド、どちらかを利用している方は『春の呪い1巻』を読み放題で読むことができます。

両サービスとも『30日間無料体験が可能、途中解約した場合1円もかからない』ので超おすすめですね。

 

🌠プライム会員の特典内容
  • 配送特典:お急ぎ便・日時指定
  • プライムビデオ:映画・テレビ・アニメ・見放題
  • Prime Music:100万曲以上の楽曲が聴ける
  • Prime Reading(本・漫画・雑誌 読み放題)
  • Kindelオーナーライブラリー
  • Amazonパントリー
  • 限定タイムセール
  • ※これだけ使えて年間3,900円(税込)、月額換算325円(税込)のみ

 

プライム会員の特典はマジで破格です。

まだ会員になっていない方は、ぜひ無料体験後『春の呪い』を読んでみてください。

 

本や漫画をよく読む方は『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』がおすすめです。

🌠Kindle Unlimitedの特典内容
  • 何冊読んでも月額980円(読み放題)
  • 読み放題対象タイトル『172,947冊』(2017/10/1時点)
  • 漫画コミック、小説、ビジネス本、実用書、雑誌、洋書が読み放題

 

以前は対象作品が少なかったKindle Unlimitedですが、和書17万冊以上(洋書120万冊以上)が読み放題という超お得なサービスになりました。

全巻読めるマンガもあるので漫画喫茶に行くよりもお得ですよ。マンガ好きなかたは、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

『春の呪い 1巻』もキンドルアンリミテッドで読めます。

スポンサーリンク

春の呪いの感想レビューまとめ

春の呪い巻末

今回は『春の呪い』の感想レビューをお届けいたしました。

あらためて漫画の魅力をまとめてみます。

  • 最愛の妹の恋人であった冬吾と付き合うまでの葛藤
  • へらへらとして壊れそうな夏美
  • 淡々として真意が読めない冬吾
  • 血縁を重んじる親族の意向、歪んだ思い
  • 登場人物の視点の切り替わり
  • 感情が爆発するまでの流れ

序盤では目が離せず、中盤まで一気に物語が盛り上がり、終盤はきれいに収束していきます。

あっさり終わっているという意見もありますが、全2巻という長さにも拘わらず伏線はすべて回収しており、完成度が高く最後まで楽しめる作品と言えますよ。

無駄に話を長くするよりも、盛り上がっているうちに終わらせたいという意向なのかもしれませんね。個人的には名作漫画だと思います。

1巻の表紙のふたりは向き合っていませんが、2巻の表紙ではお互い見つめあっているのが印象的ですね。

ぜひ1巻を手に取ってみてください。マンガに関連する人気記事もどうぞ♪

漫画・本に関連する人気記事
スポンサーリンク


春の呪い1巻の表紙